第15回宮崎シーガイアトライアスロン大会2013レースレポート

大会概要

  • 大会・・第15回宮崎シーガイアトライアスロン大会2013
  • 場所・・宮崎臨海公園
  • 日時・・2013/07/07
  • 距離・・51.5km、オリンピックディスタンス(S1.5km/B40km/R10km)
  • 天候・・天気:晴れ 気温:32℃ 水温:23℃
  • 結果・・131位 2時間42分11秒

区間タイム(時:分:秒)

SWIM0:32:40
Transit10:06:21
BIKE1:08:41
Transit20:01:51
RUN0:52:38
TOTAL2:42:11

使用機材

  • 共通
    • スーツ・・Zoot「Performance Tri Race Suit」
    • アイウェア・・OGK KABUTO「クライス・II(ダーク)」
    • アームカバー・・ワコール「CW-X アームカバー(M)」
    • グローブ・・OGK KABUTO「PRG-1」
    • GPSロガー・・Garmin「Forerunner 10」
    • ゼッケンベルト・・Nathan「Race Number Belt」
    • 補給・・VESPA「プロ」 スタート30分前
    • 補給・・Power Bar「Power GEL(Lemon Lime)」4個
    • ジェルフラスク・・ULTIMATE DIRECTION「4oz Gel Flask」
    • ドリンク・・グリコ「CCDドリンク」
  • SWIM
    • ウェットスーツ・・Orca TRN Thermo Full Sleeve Wetsuit
    • ゴーグル・・Aqua Sphere「Kayenne Regular Fit(Clear Lens)」
    • スイムキャップ・・大会支給(TYR)
  • BIKE
    • フレーム・・FOCUS「CAYO 2011」
    • ホイール・・Mavic「Aksium Clincher Wheelset(2010)」
    • エアロバー・・PROFILE DESIGNE「T-Mag」
    • タイヤ・・Michelin「Pro3 Race」
    • クランク・・FSA「Gossamer(50/34)」
    • カセット・・SHIMANO「ULTEGRA CS-6700(12−23)」
    • バイクシューズ・・SHIMANO「SH-R087(cm)」
    • ヘルメット・・BELL「LUMEN」
    • サイクルメータ・・SIGMA「BC1909HT」
    • サドルバッグ・・foglia
  • RUN
    • ランシューズ・・Asics「SORTIE MAGICEKIDEN RS(26cm)」
    • シューレース・・Xtenex「Sports 300」
    • キャップ・・SALOMON「XT COMPACT CAP」
 2度目のトライアスロン参戦、これまでのレースは雨続きでしたが、今回は梅雨明け当日という絶好の天気でした。2週間前の「虹の松原トライアスロン」ではお腹が痛くなってしまったので、今回はトイレに行かないでの完走が目標。帯状疱疹で全く練習できていませんでしたし、晴天の中でのレースも初めてでしたので不安でしたが、なんとか完走することが出来ました。

SWIM

 スイムは750mを2周するコース。かなり大勢で泳いだので大バトルになったのですが、それよりも水深が浅くて砂が舞い上がり、全く視界の無い状態でした。2週目はバトルを避けて少し遠くを泳いだのですが、そちらの方が速く泳げていました。今度から内側を泳ぐのは避けようと思います。

Transit 1 Swim to Bike

 スイムからバイクへのトランジットは6分21秒。前回のトライアスロンでグローブやアイウェア、ジェルフラスクを装着し忘れていたので、今回は時間を取ってユックリとトランジットしました。スイムアップからトランジットエリアまで距離があったので、他の大会よりも時間がかかると思います。日差しが強かったので日焼け止めも塗り直したりしていたので、色々と諦めると、ここで後3分は短縮できそうです。

Bike

 バイクは大きなコースを2周するコース。半分以上は有料道路の直線を走るのですが、海のすぐ側を通りますし、光や風を遮る木が全く無いので、向かい風に負けそうでした。平均速度は35km/h程度、今回のコースならもう1〜2km/hは速く走れると思っていたのですが、完全に練習不足で後半失速しました。ボトルを2本装着していきましたが、飲んだのは1.3本分くらい。1本でも大丈夫だった気もしますが、もう1本有ったお陰で安心して飲むことが出来ました。これだけ暑いレースになると2本有った方が安全です。ポジションは特に問題なし。筋肉痛もありませんし、良い感じです。

Transit 2 Bike to Run

 バイクからランへのトランジットは1分51秒。前回はトイレに行っていたので、その分の5分間短縮できました。シューズを履き替え、ヘルメットをキャップに変えるだけなので早いものです。ここはあまり短縮できそうに有りません。

Run

 ランは走り出してすぐに暑さでフラフラに、平均速度は11.4km/hでした。日陰がほぼ無く、エイドで水をかけて貰ってもすぐに蒸発してしまうほどでした。全く暑さ対策が出来ていなかったので、薮も熱中症の一歩手前。最低でも12km/hで走れると思っていたのですが、前を追う気力も出ず、ただ脚を前に出すだけになりました。
 今回は完全に体調不良から来る準備不足でしたが、体調をきちんと整えることが出来ない事が一番の問題です。131位と上位20%には入れていましたが、もう少し上までいけるはず。子供用プールで身体を冷やしながら、暑さ対策を考えていました。