「Yading Skyrun 2017」費用計算

 中国の奥地「稲城亜丁(Daocheng Yading)」で行われた「Yading Skyrun」に出場した際にかかった費用をまとめました。レース参加費なども全て含めて103,500円。とにかく移動に時間がかかりますし乗り継ぎでの宿泊があったりと、中国の奥地へ行くのはなかなか大変でした。
 中国のこれから発展していくであろう観光地を巡れて、辛くて美味しいものをたくさん食べられるので、食べ物が好きな人にはとても良いルートでした。

交通費

 飛行機は広島空港から上海を経由して成都で乗り継ぎ待ちの一泊、そして稲城(Daocheng)へもう一度乗らないといけません。家を出発してから27時間、なかなか時間がかかりました。稲城空港は世界で最も標高の高い民間空港で標高4,411mにあり、ここ自体が一つの観光名所です。いつもお安い中国東方航空で、往復58,740円でした。飛行機に6回も乗ったと考えると安い方でしょうか?「稲城」への航空券はなかなか購入できるサイトが無く、中国東方航空の日本語版オフィシャルサイトでもチケットが表示されなかったりと苦労しました。
 また、稲城の空港では航空券に紐付けしていたマイレージの番号をパスポート番号と間違えたらしく、もう少しで飛行機に乗れないところでした。何度も説明したのですが分かってもらえず、最終的には事務所のようなところで説明して何とか飛行機へ。標高の高い空港で慌てて走ったので、これが最も苦しかったような。小さな空港では、思いもよらぬ事が起こるのだなと再確認。特に中国の内陸部は英語が全く通じない人も多く、中国語が分からないとスムーズには進みません。

 空港からホテルのある「稲城亜丁」までは大会の用意してくれたシャトルバス。あまり便数の多くない空港なので、選手が来そうな日程は全ての便にシャトルバスが用意されており、料金もエントリー費に含まれていました。同行者も乗車OK。個人で移動を手配したり、公共バスでの移動は大変だと思っていたので助かりました。ただ、事前の情報では1時間半で到着するとのことだったのですが、約3時間かかりました。道も曲がりくねっていますし、標高4,800m程度まで上がるので、乗り物に弱い人は注意です。帰りはバスの故障で飛行機に遅れるかと思ったほどで、少し信頼性にはかけました。

広島 〜 稲城(飛行機) 往復中国東方航空58,740円
SHA 〜 PVG空港間シャトルバスCNY30(500円)

宿泊費

 「稲城亜丁」では、大会本部やレースのスタート地点に近い「Yading Yizhan Hotel」に宿泊。この地域のホテルがどのようなレベルか分からないので、運営オススメのホテルで、そこまで高く無いところを選びました。3泊でCNY1,068(約17,000円)。
 お湯の温度が安定しませんでしたが、設備には不満無し。早い時間からチェックインもさせて貰えました。何よりもホテルの目の前からスタートするのが最高、徒歩数分以内にスーパーマーケットや飲食店もたくさんありますし、不便はありませんでした。ただ、横を川が流れているので、水の音が気になる人は他のホテルの方が良いかもしれません。

 成都では乗り換えのために行き帰りで1泊ずつ、「成都川港国际酒店」に合計2泊しました。予約サイトの地図では空港に隣接していたのですが、実際は全く違う場所にあり、空港から5km程度離れていました。歩くのは考えたくない距離ですが、往復ともシャトルバスを運行してくれるので助かります。空港からホテルへは連絡をするとすぐに迎えに来てくれます。

Yading Yizhan Hotel3泊17,000円
成都川港国际酒店2泊7,500円
合計5泊24,500円

その他

 参加費は半額のクーポンが適用され、2つのレースに出てHKD1,165(16,500円)。この値段に空港からレース会場への往復のシャトルバスや、スタート・ゴール地点へのシャトルバス(片道1時間)が含まれていますし、環境を考えるとかなり安いと思います。保険はいつもと変わらず。場所が場所ですし、しっかりと保険はかけて行きました。

Yading Skyrun(2レース) エントリィ費HKD1,16516,500円
海外旅行保険6日間3,260円
合計19,760円

観光

 レース以外については全く調べていなかったので、観光は行き当たりばったり。成都では「陳麻婆豆腐」という麻婆豆腐発祥のお店で麻婆豆腐をいただき、成都武侯祠と錦里歩行街を散策。劉備のお墓が有るという事で、とても雰囲気のある良い場所でした。無料区間は市民の憩いの場ですね。

 「陳麻婆豆腐」の麻婆豆腐はしっかりと山椒の味が効いていて美味しい、日本でもこんな四川料理が食べられるところが沢山あれば良いのにというほどでした。

高山病?

 朝6時の飛行機で成都から稲城へ移動。大会に出場する選手がたくさん乗っていましたし、いつもとは客層が違ってチャーター便のような雰囲気。この稲城亜丁空港は最も標高の高いところにある空港で、標高4,411m。飛行機を降りてゲートを少し歩いただけで心拍数が上がり、少しクラっとする感じがありました。ある程度の速さで歩くと歯が浮いたような感じもありましたし、酸欠になっている事を実感します。

 空港のゲートを出たところに選手受付があり、ここからは大会の用意したシャトルバスでメイン会場になっている稲城亜丁へ移動。140kmを1時間半で移動するという情報だったのですが、ヤクやクネクネの道路に阻まれて2時間半かかりました。景色は開けていて良いのですが、代わり映えしないので飽きてしまいます。

 バスがメイン会場になっている「Risong Gongbu Hotel」に止まり、そのまま流れ作業で前日受付も。しなければならない事がすぐに済んで良かったのですが、受付は大混雑。初めてコースの詳細な高低図も見ましたし、明日走る「YADING VK」の集合時間や、ゴールしてからの流れなどもようやく明らかになりました。全ての事を何度も確認しなければならないのは大変ですが、ちゃんと準備してもらえていることは感じます。

 「稲城亜丁」はとても小さな町で、ちょっとした買い物やご飯を食べるところはたくさん有るので困りません。美味しくご飯を食べたのが引き金になったのか、急に頭痛と嘔吐で高山病らしき症状が出ましたが、2時間寝たらスッキリと治りました。明日はお昼頃から7kmのバーティカルレース。なんとか5,000mにたどり着けるよう、無理せずに頑張ろうと思います。

成都へ移動

 今日は広島空港から上海を経由して、中国の内陸部にある都市「成都」までの移動日。家を朝の5時半に出て、ホテルに着いたのは日本時間の23時頃でした。ゴールデンウィークが始まり、広島空港はいつもと比べ物にならない程に人が多かったです。

 上海ではリニアモーターカーで街中に出ようかと思ったのですが、チケット売り場が長蛇の列。ちょうど中国も連休らしく、こちらも人が多かったです。飛行機もほぼ満席でした。成都についてからは空港、タクシー、ホテルの受付など、どこも英語が通じず。明日は更に奥地へ行くのですが、大丈夫か不安になって来ました。

 明日は朝6時頃の飛行機で世界で最も標高の高い空港「稲城空港」へ向かいます。空港がある地点の標高は4,411m。そこからレース地点まで車で140km移動するのですが、途中で標高4,800mの峠を越えるとか?高度順応とか全く無しですが、意識して呼吸することと、ハシャギ過ぎないように気をつけてレース会場へ向かおうと思います。

シェムリアップへ

 福岡空港から上海を経由してカンボジアのシェムリアップへの移動日。上海でのトランジットが8時間あったので、高層ビルが立ち並ぶ浦東地区へ出てみましたし、一日移動したので疲れました。
DSC00125.JPG

 上海ではちょうど15時過ぎにリニアモーターカーの「Magrev」に乗ったので、最高速度の432km/hを体感することができました。もともと運行距離も短いので、最高速度が出ているのも短い間、それでも景色が流れていく速度が違うのは体感できました。
DSC00129.JPG
 今回は中国東方航空のトランジットサービスを申し込んでいたので、飛行機から降りたところに係員が名前を持った看板を持って待機してくれており、片道分のリニアモーターカーチケットをもらえました。大した金額ではありませんが、少しお得。また、144時間以内のトランジットであればビザが不要でしたので、入国手続きでは専用レーンでほとんど並ばずに入国できることがわかりました。長い列ができるので、これは便利。
DSC00138.JPG

 世界第二の高さの「上海中心大厦」へも行ってみたのですが、雨がパラついていて展望フロアへ行っても何も見えないと思ったので、上には上がらず。またそのうち、天気の良い時に来てみようと思います。
DSC00144.JPG

 中国はもう少しで旧正月なので、街中の至る所に赤と金色の正月飾りがされてありました。スーパーマーケットにもいつもとは違うものが置いてあり、この時期に滞在してじっくり見てみたら面白そうです。
DSC00147.JPG

 カンボジアに到着したのは夜の10時半、ホテルまで移動して寝るだけです。明日は前日受付を済ませて、少しだけ観光をする予定。少しは体が暑さに慣れると良いのですが。

国民宿舎 大城

 今日は下松商工会議所で「くだまつ笠戸島アイランドトレイル」の打ち合わせだったのですが、少し早く行くことができたので、11月にリニューアルオープンした「国民宿舎 大城」の温泉に入ってみました。
P1060005.JPG
 下松市民以外は入浴料700円でタオル等は無し。建物のどこからでも海を見ることができますし、お風呂も景色は最高ですが、人が多くてあまりユックリと入れませんでした。平日の昼でも多いと感じる位なので、週末はかなり混み合っているのではないでしょうか?当分は「笠戸島ハイツ」のお風呂にユックリと入り、また空いた頃に来てみようと思います。
P1060009.JPG

 「くだまつ笠戸島アイランドトレイル」の打ち合わせも佳境、昨年の反省点を生かし、今年も良い大会になりそうです。まずは15日にショートコースの試走会を初めて実施するので、大勢で走った時にショートコースがどんな感じか楽しみです。
P1060011.JPG

 「かじやま歯科医院」さんでの治療も昨日で終わり。予定がバタバタと変わり、何度か日程の変更をしていただきました。右上の一番奥だったのですが、昨日もスムーズに治療していただけました。
P1060001.JPG

 昨日申し込んだ中国東方航空の「中国東方航空 トランジットサービス」ですが、手配が完了したとメールで連絡がありました。申し込み用紙には旅行会社用のメールアドレス記入欄しかありませんが、そこにメールアドレスを書いておけば良いようです。
 空港から上海市内へ出る為のリニアモーターカー乗車券をお願いしたところ、引換券がメールで届き、浦東空港到着ゲートで係員名前を書いたプレートを持っているので、切符の引換券と交換。その切符の引換券をリニアモーターカーのチケットカウンターで切符に交換するという作業が必要なようです。ステップとしては以下の4つですね、なかなか面倒です。

  1. FAX
  2. 引換券メール印刷
  3. 到着ゲートで切符の引換券受け取り
  4. チケットカウンターで切符受け取り

 トレーニングは背中。
 昨日の背中のトレーニングで背中全体が酷い筋肉痛になり、胸のトレーニングにも支障あり。なかなか力が入らず、軽いウェイトでのトレーニングとなりました。

Bench Press 50*10 60*10 70*10 80*5 70*4 60*10,9,6
Smith Machine Incline Bench Press 50*10,10,8,6
Smith Machine Bench Press 50*10 60*10,10,10,9
Close grip Bench Press 30*10 40*10 45*9,8,7
Dips 15*10,8,6

トランジットサービス申し込み

 正月の間は暖かかったのですが、今日は冷たい風が吹いてきて、寒い一日となりました。忙しくてあまり外に出られなかったのが幸いしましたが、職場でもストーブ必須。いつもより少し強めで燃えていました。
PB076676.JPG

 「Ultra-Trail d’Angkor(Bayon Trail Angkor)」出場のためのシェムリアップ(カンボジア)への移動は中国東方航空を予約したのですが、「中国東方航空 トランジットサービス」なるサービスが有ることを思い出し、申し込みをしてみました。
 空港から上海市内へ出る為のリニアモーターカー乗車券などがもらえるサービス。手続きは出発空港の支店にFAXを送るだけでした。今時FAXでしか手続き出来ないのは微妙、きちんと手続き出来ていれば良いのですが。
P1057027.JPG
 また、オフィシャルHPにエイドの位置が分かる地図が無かったので問い合わせたところ、すぐに送っていただけました。64kmで7ヶ所、一番長い区間で11.5kmです。気温は最低でも30℃を超えているでしょうし、やはり水は1.5L必要ですね。場合によっては、この区間だけ2L程度持って行くかもしれません。
15824458_1149191245178389_1356812818_o.jpg

 トレーニングは背中。
 ちょうど背中のトレーニングをする人がいたので、デッドリフトを一緒にしていたのですが、人と一緒にするとサボれませんし、テンポよくトレーニングしていたのでインターバルも短く、一種目で完全に追い込むことが出来ました。トレーニング後は2人とも酸欠で頭が痛くなり、この一種目だけでトレーニング終了。良いトレーニングになりました。

Dead Lift 70*10 90*10 100*10 110*10 120*8 110*9 90*10 70*15

遅れながら

 今日は朝5時出発で広島空港から上海を経由して香港へ。上海の大気汚染は相変わらず、香港も少し霞んでいる感じでした。上海での乗継は1時間半程度遅れ、機内食を飛行機が離陸する前に食べる状態。なかなか上海浦東国際空港の渋滞は解消しないようです。

 香港への到着が遅くなってしまったので、事前の予定を変更して空港から香港島へ直行し、前日受付を済ませてからホテルへ。香港は地下鉄がかなり混むので、出来ればスーツケースはホテルに置いてから来ようと思っていたのですが、時間が無いので仕方ありません。

 夜はホテルの近くで適当に食事。明日は夕方スタートなので、朝早く起きて少し昼寝をしてからスタート地点へ向かおうと思います。

「TDS(UTMB)」費用計算

 フランスのシャモニーで行われた「TDS(UTMB)」の出場にかかった費用をまとめました。移動・宿泊・レース費用などを全て含めて189,124円。4泊8日のヨーロッパ旅行でジュネーヴとドバイの観光もちょこっとして、レースに出場したと思えば、安く済んだ方かなと思います。また、2年前は24万円かかっているので、それに比べるとずいぶん安くすみました。
https://goo.gl/photos/SvyKDXMVtz5rtFtw6

交通費

 メイン会場であるシャモニーへは福岡空港から飛行機でジュネーヴへ行き、そこからはシャトルバスサービスです。2年前は一度東京へ行きましたが、今回は仁川・アブダビと乗り継いで行くエティハド航空の便を利用しました。なんだかんだで片道17時間程度飛行機に乗っているのですが、往復ともほぼ寝ていました。飛行機とバスを合わせて122,642円。為替や原油価格の影響もあり、かなり安くなりました。
https://goo.gl/photos/nVbs9NndhkBk3KN86

 エティハド航空はアブダビで16時間の乗り継ぎがあり、その間にドバイまで遊びに行けて良いのですが、座席が他の航空会社よりも狭く感じました。また、飛び立つまではエアコンが効いていなくて暑く、飛び立ったら寒い。ずっと寝ているので良いですが、あまり印象が良くありませんでした。
https://goo.gl/photos/V5pD35SKidfgwmKT7

 シャトルバスの「Mountain Drop-Offs」はしっかりと連絡をくれて、快適に送ってくれました。今回はホテルに宿泊しなかったので、待ち合わせバスを事前に打ち合わせておけばスムーズだったかなと反省。家を借りたホストにも、あの会社は大丈夫と評判が良さそうでした。
https://goo.gl/photos/yJxdvztqBJD4Bdzz7

福岡〜ジュネーヴ(飛行機) 往復エティハド航空115,130円
ジュネーブ~シャモニー(バス) 往復Mountain Drop-offs7,512円(EUR60)
合計122,642円

宿泊費

 今回は「Airbnb」を利用し、2LDKのマンションを借りて4泊しました。4泊で130,198円ですが、3人で泊まったので1人43,400円。メイン会場までも1kmちょっとですし、メイン通りまで徒歩3分、スーパーマーケットや観光地もすぐ近くにあり、UTMB参加にはとても良い場所でした。キッチンが付いていると食費が安くなり、好きなものが食べられるので良いですね。次回もキッチン付きのものを借りると思います。
https://goo.gl/photos/AFr12TLRS3EcaE5i9
 「Aiguille du Midi」という、シャモニーで最も有名な観光地(ケーブルカー)が目の前という立地で、写真の真ん中に写っている建物に泊まりました。ここに泊まらなければ、この観光地には行けなかったかも。籔が泊まったのはUTMB中というハイシーズンでしたが、普段は比較的安く泊まれるようです。
https://goo.gl/photos/aQoTyp8fM5TZAfCG8

Gentianes stylish central apartment4泊43,400円

その他

 その他には大会のエントリィ費や健康診断書の提出にかかった費用、保険がかかったくらい。日本で同じ規模のレースに出場しようと思うと3万円はかかるので、エントリィ費は安いですね。

TDS(UTMB) エントリィ費EUR15018,552円
健康診断書作成地元医院1,000円
海外旅行保険8日間3,530円
合計約23,082円

海雲台で受付

 「Ironman 70.3 Busan」に出場するため、朝9時過ぎの飛行機で福岡空港から釜山へ。釜山まで40分の飛行なので、高度が5,000mまでしか上がらずに降りて行きました。機内で入国申告書と税関申告書を書いていたら到着。会場は海雲台のビーチなのですが、そこまではタクシーで移動。釜山は調べていたのと違い、セダンタイプのタクシーしかなかったのですが、約50分の移動で3,000円以下でした。自転車も後部座席に乗せる事が出来ましたし、帰りもこれで空港まで帰ろうと思います。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 予定よりも早く到着できたので、ホテルのロビーで自転車を組み立てて選手受付へ。参加人数が700人以下と少ないので、選手受付や自転車の預け入れもとにかくスムーズ。全く待たずに全ての手続きを済ますことができました。全部で10分程度でしょうかこれまでで最もスムーズ。日本から最も近いIronman 70.3の大会なのですが、日本人の参加は10人以下で全く出会いませんでした。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 レース会場となっている海雲台ビーチは景色も良く、すでに海水浴も始まっていました。街には観光客がたくさん訪れていましたし、ビーチ周りで賑やかに過ごすには良さそうな街です。明日は5時過ぎから準備をして、6時半頃レーススタート。今年最後のトライアスロンを楽しんでこようと思います。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

新聞掲載

 先週の日曜日に行われた「奥宮俊祐トレイルランセミナー in くだまつ笠戸島」の事が「日刊新周南」と「山口新聞」の 12/17号に載っているとのことで、該当新聞を置いている「光市立図書館」へ行ってコピーして貰いました。特に「日刊新周南」は大きく扱ってくださっていて、ありがたいです。籔は集合写真に小さく写っていたのと、記事の中でも名前を出さずに触れて頂いていました。
 先週末に笠戸島を走ったシューズを洗い忘れていたので、「 中央フード 柳井店」併設のコインランドリィで丸洗い。すぐに水の中に入るので、シューズは頻繁に洗うのですが、今回はつい洗い忘れてしまいました。
 夜は遅くなってしまいましたが、高校部活のOB会のお仕事で高校へ行き、少しだけ打合せをさせて頂きました。古い建物なので、この時期は寒いですね。
 取っ手が外れてしまった為に修理に出していたスーツケースTRIO「CARGO HARD CARRY 85L TW279N」が戻ってきました。保証書を紛失していたので有償での修理になりましたが、送料なども全て含めて1,800円で修理して頂けました。こちらから発送して約2週間で修理完了、4月までは使いませんが早く修理して頂いて助かりました。