大分観光

 昨日は香港からのお客様を迎えて別府・大分を観光。この辺りに最後に来たのは4年前なので、懐かしい景色ばかりでした。食事まで少し時間があったので、まずは別府地獄めぐりへ。インパクトの強い「血の地獄」と「海地獄」へ行ったのですが、どちらもどうして水の色が変わっているのか、中国語や英語で書いてあるものを見つけられず、またパンフレット等も用意していないとの事でした。あんなに海外から観光客が集まるところなのに、これで良いのかと心配に。
DSC00590.JPG

 お食事はお薦めしていただいていた、別府の「とよ常本店」で。事前に電話すると予約は受け付けていないとの事だったのですが、5分程度待っただけで入ることができました。ちょうど関サバが入荷していましたし、籔もサバと地鶏のたたきを食べることができました。ケトジェニックダイエットをしていると、あまり料理していない素材そのままを選ぶようになります。よくまとまっている感じで美味しいお店でした。
 関サバに付いて来たワサビが擦りおろすタイプの生ワサビだったので、楽しんで擦っていただけたようです。こういったちょっとしたことも楽しめる体験なのですね。
IMG_1581.JPG

 最後は「九重”夢”大吊橋」へ少しだけドライブ。元々は阿蘇やこの橋にも来たかったようですが、まだ地震の影響で立ち入れないエリアだと思っていたようです。もう阿蘇周辺もほぼ通れるようになっていますし、「九重”夢”大吊橋」への道路も修復中の場所はありましたが、問題なく通ることができました。明日は予定を変更して阿蘇方面へ行ってみるとの事。旅行で海外へ行くと、災害関係の情報を得るのはなかなか難しいのだなと勉強になりました。日本語だとすぐに情報が出てくるのですが。
 「九重”夢”大吊橋」に着いたらあいにくの雨が。せっかく来たので渡りましたが、風が冷たくて寒かったです。
DSC00599.JPG

上盛山ラン

 昨日は上関方面へ配達がてら、少し気分転換に上盛山へ走って登ってみました。スタートは上関大橋の手前にある「上関海峡温泉 鳩子の湯」、走り終わったらそのまま温泉に入る作戦です。日曜日なのにそこまで車も駐まっておらず、温泉内も空いていました。場所も市内から少し離れていますし、タオル無しで600円は少し高いか?
RIMG2365.JPG

 まずは上関大橋を渡って長島へ。写真右側の一番高くなっているところが今日の目的地。片道約6kmで、標高は300m程度です。上関大橋の下は意外と大きな船も通っていました。曇っていましたが、水も綺麗。
RIMG2367.JPG
 上盛山へ道はよく整備されていましたし、それほどキツイ傾斜も無いので、最後まで走って登れました。香港から帰ってきて、1週間ぶりのランニングでしたが、格段に体が動きます。やはり何かおかしかったのかなと思います。紅葉は今一歩、もう少し後でしょうか?
RIMG2370.JPG
 下りは途中にある「御汗観音」という場所へ寄ってみました。観音像がいつも濡れていて、汗をかいている様に見える事からこの名前が付いたとの事です。運動する人にはありがたい観音なのでは?小さなお堂なのですが、後ろの岩なども合間って、とても立派に見えました。
RIMG2374.JPG
 最後は集落の中を抜けてゴールへ。軒先で話をしている住民が多く、なんだか少し前の日本の様な雰囲気。あまり地元の人以外は通りそうに無い場所でしたし、走っている籔は何だこいつと思われていたと思います。
RIMG2378.JPG

バタバタと

 香港での「HK168(Half168)」が終わり、何とか日本に帰ってきました。レース自体は風邪のような症状で終始辛く、65kmのポイントでリタイアをしました。前回、香港で体調が悪くなった時と似ているような気もしますし、もしかして大気汚染のアレルギィかと疑っていますが、理由は分からず。
 レースについてはまた書きますが、第4回目の「HK168」は運営も随分としっかりしてきた印象があり、分岐でのコースマーク等もほぼ付けられていました。分岐が分からなくて相談したのは3回くらいでしょうか、前回よりも格段に少ないです。
RIMG2356.JPG

 レースが終わった後がバタバタで、走り終わってホテルに帰った19時頃に「翌日のフライトが欠航となり、振り替えるなら電話して」というSMSが航空会社から届きました。電話してみると朝7時台の飛行機しか無いというので仕方なくその飛行機に変更して、上海で時間を潰すことに。
 ホテルを5時には出発しなければなりませんでしたし、そんなに早い時間にはバスもエアポートエキスプレスも動いていないので、タクシーで空港まで移動。何よりも24時間以上起き続けている籔に、明日は朝4時起床という事実は辛かったです。起きれる気が全くしなかったので、とにかくパッキングだけ済ませて就寝。ゆっくり中華料理を食べるはずが、慌ただしい最終日となりました。
PB076685.JPG

 上海では乗継に6時間程度時間があったので、リニアモーターカーと地下鉄を乗り継いで「豫園商城」という観光地へ行ってみました。リニアモーターカーは時間帯による速度制限があり、300km/hまでしか速度が上がりませんでしたが、価格も高くありませんし、なにより速いのが良いです。地下鉄の乗り換えも分かりやすいですし、上海は移動しやすそうです。
PB076676.JPG

 「豫園商城」はとにかく人が多い。街頭での喫煙率も高いですし、あまり人が多いところには出たく無いなという感じでした。英語も香港より随分と通じない気がしました。乗継では度々使うことになる上海ですが、乗継時間が長くなる時はどう過ごそうか考えてしまいます。
PB076684.JPG

シャモニー観光

 そういえばシャモニーでの観光について全く書いていなかったと思い出し、せっかくなのでまとめておきます。今回行ったのは「Chemin de fer du Montenvers」という氷河を見に行く登山鉄道と、「Aiguille du Midi」というモンブラン付近まで登れるケーブルカーの2つ。街全体が観光地のようなものですし、トレイルランナーはどうせなら足で山に登った方が楽しい気がしますし、かなり高いケーブルカーや電車の料金も安く済みそうです。
P8256240.JPG

 「Chemin de fer du Montenvers」、通称「モンタンヴェール鉄道」・「メール・ド・グラス氷河」は「TDS」の受付をする前に乗りに行きました。1,913mまで登るので、ちょっとした高度順応を兼ねてという感じでしょうか?赤い登山鉄道が2台続けて走るので、予約無しでも乗る事ができます。
P8236102.JPG
 乗客数をコントロールしてくれているのか、それほど混まずにユッタリとした車内で、行きは進行方向向かって左側に座った方が景色が綺麗だと思います。特にUTMB・CCCに出る人はシャモニーへ降りてくるルートが見えるので、レース前に乗っても楽しいかもしれません。
P8236105.JPG
 降りてくる電車とのすれ違いで少し止まるのですが、ここからはUTMB・CCCのコース終盤がしっかりと見えます。
P8236107.JPG
 電車を降りると身近なロープウェイを乗り継ぎ、階段を少し歩いて氷河を見に行く事ができました。ここは電車を降りたところで写真を撮っている人が多いのですが、写真は後回しでロープウェイへ行く事をお勧め。階段で渋滞します。
 氷河は涼しくて気持ちいいなという感じでしょうか、氷河によって削られた渓谷美の方が見応えありました。ゆっくりと登山電車に乗る事を楽しめる観光地でしょうか。チケットは片道と往復が選べるのですが、トレイルランナーなら片道を購入し、帰りは走って下山しても面白いと思います。標高差1,000m以上あるので、レース前にはお勧めしませんが。
P8236131.JPG

 「Aiguille du Midi」、通称ミディはケーブルカーを乗り継いで3,842mまで一気に登ります。シャモニーで最も人気がある観光地で、到着した日に翌日のチケットを予約しようとしたら売り切れでした。当日券も朝の6時半に並ぶと帰るようですが、毎朝行列なので、数日後の予約をするのが良いかもしれません。
P8266253.JPG
 ここはとにかく景色が最高で、目の前にはモンブランが見え、本格的な登山へ出発する人なども間近に見ることができます。籔は登山はしませんが、旅立っている人を見ていると登山がしたくなってくるから不思議。
P8266288.JPG
 スイスのユングフラウヨッホと比べると、片側は雪山で、もう片側には街が見えるという点が違いでしょうか?午後に上ると街にも日が差して更に綺麗な景色が見えそうでした。
IMG_1107.JPG
 こちらはケーブルカーの中継点「Buvette du Plan de l’Aiguille」から走ったり、ここまで走って登っても楽しそうでした。ロバもいましたし、付近のトレイルは少し岩っぽくてテクニカル。こちらもまたゆっくり走りに来たい場所です。
P8266299.JPG

ジュネーヴ、アブダビ観光

 フランスのシャモニーから、途中のアブダビに16時間ほど乗り継ぎで滞在しつつ、ほぼ48時間かけて柳井まで帰ってきました。飛行機の中で色々と読んだりしようと、タブレットの中に入れていたのですが、ほぼずっと寝ていて映画の一つも見る事ができませんでした。どうも飛行機は眠くなります。
 まずはシャモニーからジュネーヴまでは行きも乗った「Mountain Drop offs」のシャトルバスで移動。周りは西洋人だらけで、TDS・OCC・PTLに出場した人ばかりで賑やかでした。
https://goo.gl/photos/KSSH8vb3LyMEwh6T9

 ジュネーヴでは4時間程度時間があったので、荷物を預けて「レマン湖(Lac Léman)」周辺を散策。荷物は空港ターミナルを出て東側へ行った鉄道の駅にコインロッカーがありますし、大きな物はコインロッカー周辺に荷物預かりもありました。
 まずはバスで「レマン湖(Lac Léman)」の湖岸へ行き、ウロウロと散策。バスは3CHFでしたが、券売機でクレジットカードが使えるので両替する必要がありませんでした。すごく暑い日でしたので、泳いでいる人が沢山。
https://goo.gl/photos/2MxDqAyJwgKUWogy6
 「ルソー島(Ile Rousseau)」の辺りへ行くと、白鳥も沢山泳いでいました。近づくと寄ってきましたし、確実に餌を狙っている感じ。この辺りは水の流れも急ですし、なかなか涼しく感じます。
https://goo.gl/photos/evS3daGMtgWirdsu5

 以前見ていて気になっていた「サン=ピエール大聖堂(La cathédrale protestante Saint-Pierre de Genève)」へも行ってみました。中は一般的で質素な教会の作りでしたが、小部屋の礼拝堂は赤の色が鮮やかで、音の反響も最高。これは宗教を信じたくもなる気がします。ジュネーヴを訪れる事があれば、今度はゆっくりと行ってみたい場所です。
https://goo.gl/photos/YUFgcU6SPekGSMyTA

 ジュネーヴの観光も終わり、今度はアブダビへ移動。スイスはとにかく物価が高く、空港内でペットボトルの水を買うと500円以上しました。街中にも飲める水が湧いているのですが、買うと高いのは不思議な感じ。

 今回はエティハド航空を利用したので、アブダビ空港からドバイ市内の「Noor Bank Metro Station」付近まで無料シャトルバスを利用する事ができました。片道1時間半程度。予約していなかったのですが、空きがあれば乗れるようで、往復とも何とか乗る事ができました。24時間前までに予約すれば良いようなので、予約をお勧めします。
https://goo.gl/photos/17VgtW9qMa64wR247

 ドバイではタクシーで回ってもらったのですが、とにかく暑いので外にあまり出たくありません。ヤシの形に作られている人工島「パーム・ ジュメイラ(Palm Jumeirah)」にはレンタルサイクルもあったのですが、1台も利用されていませんでした。この時期でも40℃以上まで気温が上がるので、外は歩けません。
https://goo.gl/photos/a3ehJeRx4gpvinNc7

 「ジュメイラ・モスク(Jumeirah Mosque)」へも寄ってもらい、本当は9:45に行って見学ツアーに参加しなければ内部には入れてもらえないらしいのですが、入り口にいた人とマレーシアでのイスラム教体験を話していたら入れてくれました。ここはブルーと土の色で、キリスト教の教会とは全く違う雰囲気でしたが、なんだか落ち着きます。写真も撮って良いとの事で、しっかり撮影させていただきました。
https://goo.gl/photos/ArVqViuMFa1k645E9

 後はアブダビから釜山を経由して福岡へ。とにかく帰路です。アブダビはとにかく暑く、少しでも外に出ていると汗が出てきたのですが、アブダビ空港にシャワーを浴びることのできる施設があり、スッキリして飛行機に乗る事ができました。道路も片道7車線とかありますし、まず渋滞しない凄い国でした。
https://goo.gl/photos/JpNx62giKh4LxyzHA

 日本に帰ってからは柳井まで車で帰ったのですが、山口県に入ったあたりから大雨になり、前が見えませんし、タイヤを取られるので、高速道路でも80km位しか出せないほどでした。長旅の最後の最後で事故をしてもいけませんし、ゆっくりと帰りました。
https://goo.gl/photos/KJ3NjYdvmTCDWGEB9

観光も受付も

 朝は7時から少しだけランニング。気温が7℃と低いので走り出しは寒いのですが、少し体を動かすと暖かく感じてきました。明日の「TDS(UTMB)」は6時スタートなので、もう少し気温が下がるかなと思っています。7時でもシャモニーの街中には陽が差さず、山の上の方だけ明るいです。
https://goo.gl/photos/hnvJ7PC7NdktC9uG9

 午前中は少しだけ観光をしに、標高1913mまで登る登山鉄道の「Chemin de fer du Montenvers」に乗りに行きました。1人31ユーロで、片道20分で標高差1,000mを登ります。
https://goo.gl/photos/byAShVXinEHN5LH88
 車窓からは2年前の「CCC(UTMB)」で走った山々を見ることが出来ましたし、楽しく過ごせました。行きは進行方向向かって左側に座った方が良いかなと思います。
https://goo.gl/photos/ENM5Wh3bPcikR3EFA

 登山鉄道を降りると、後は階段で氷河まで歩いていけます。暑い日だったので氷河は涼しくて気持ち良かったです。景色も良いのでお勧めです。
https://goo.gl/photos/kyGKt7uYCPfkSDTq7

 午後からはレースの受付をして、エキスポを一回りしてきました。受付は必須装備のチェックなどもありましたが、すべて順調に終了。メインスポンサーが変わっても、手順などは全く変わっていませんでした。今年はとても暑くなる予報が出ており、オフィシャルからも暑さに注意するようにとのメールが来ました。水分も最低2Lは持つようにとの事で、予定よりも更にザックが重くなりそうです。
https://goo.gl/photos/Mws9j8XwEGuvQi7MA
 エキスポには色々な大会もブースを出しているのですが、来年出場を検討している中国の「Yading Skyrun」の運営と話をする事が出来、色々と情報をもらえた事。また、エントリィを50%OFFにしてもらえた事が最も大きな収穫でした。2017年も開催は10月の予定で、シャトルバスなども運行するという事でした。近くの空港から約2時間ですが、大会のバスが運行するなら少しだけ安心です。
https://goo.gl/photos/jp43hGphJLChDMBM7

 明日は4時にバスでスタート地点へ向かい、6時(日本時間の13時)にスタート予定。籔は暑さに弱いので、かなり熱中症の危険性が高まっているのですが、たくさん水を浴びながら最後まで走りたいと思います。ゴールは33時間後の日本時間で25日の22時頃予定、しっかり走ってきます。
https://goo.gl/photos/onQbPvKgM12AQ2k18

滝ラン

 午前中に「県営広域農道柳井大畠線」を通って神代にある「岩尾の滝」へ走って涼みに行きました。9時までには到着したいと家を出たのですが、思ったよりも距離があり、影が全くない道なので暑くてフラフラと走りました。柳井市内の家から12km、夏に走るには暑すぎる道です。
RIMG2131.JPG

 「岩尾の滝は」看板も立っていますし、大きな車以外は行きやすそうな場所にありました。駐車場からも歩いて1〜2分で滝までアクセスすることが出来ます。この日は誰も人がおらず、滝を独り占めでした。もう1ヶ月は雨が降っていなくてもこの水量なので、時期を選べばかなり水量がある滝なのでしょう。
RIMG2137.JPG
 もちろん滝を見に行くことが目的ではなく、打たれて涼むことが目的なので写真を撮ったらすぐにドボン。冷たくて気持ち良いですが、ここに来るまでが暑すぎて、なかなか体が冷えませんでした。
RIMG2135.JPG

 あまりに暑いので帰りは迷わず電車。大畠駅に向かっていると、ランナーA氏に発見していただきました。どこか海沿いに出られる所はないか探していたので、完全に油断しています。海沿いも影はありませんが、農道を通るよりも風があるので快適でした。
IMG_1081.JPG

タワーラン

 昨日は朝の東京観光ランからスタート。本当早くスタートして長い距離を走ろうかと思っていたのですが、起きるとどうも体が突っ張っている気がしたので、まずはゆっくりストレッチをし、東京タワー目指して10kmだけノンビリと走りました。やはり前日が1日座りっぱなしだったのがいけなかったのかなと。
 東京はビルが多いので、影やビル風やビルからの冷気でとても涼しく感じました。ちょうど通勤時間でしたので、人が多かったですが、珍しいものも多くて楽しく走ることができました。
IMG_1063.JPG

 帰りの飛行機もほぼ満員だったのですが、再び隣の席が空いていて爆睡。ANAさんが気を利かせてくれたのか、僕のタイミングが良いのか。岩国錦帯橋空港には柳井の金魚ちょうちんが今年もたくさん飾られていました。13日が「金魚ちょうちん祭り」なので、あと少しです。
P8035910.JPG

スペイン国立管弦楽団

 山口市民会館で行われた「スペイン国立管弦楽団」のコンサートを聴いてきました。今回は協奏曲がギターでしたし、ボレロもソロだらけなので11列目の真ん中と、前の方の席を選択。山口市民会館はチケットをWebで購入し、会場で受け取るという事が出来たので、楽で郵送料等もかからず良かったです。
 全体的な演奏はそれなりなのですが、やはりスペインらしさは抜群。音色の使い分けも、フレーズの作り方も一筋縄ではいかず、面白かったです。昨年、スペインを訪れてからスペインブームが続いているのですが、やはり「やってしまえ」というはっちゃけた雰囲気があり聴きに行って良かったです。

指揮:アントニオ・メンデス
ソリスト:パブロ・ヴィレガス(ギター)

トゥリーナ:交響詩「幻想舞曲集」op.22
ロドリーゴ:アランフェス協奏曲
ファリャ:「三角帽子」組曲第1番、第2番
ラヴェル:ボレロ

P7315873.JPG

 コンサートまで少し時間があったのでフラフラとドライブをしていると、「美祢市化石館」という何やら面白そうな・人のいなさそうな施設を発見。入館料100円という安さにも惹かれて入ってみました。
 美祢市一帯は化石が多く出土するらしく、昆虫・動物・植物など、いろいろな化石が展示してありました。有名なアンモナイトの化石もたくさん。まじまじと化石を見たのは初めてだったので、かなり楽しめました。
P7315868.JPG

 サドルの後ろにボトルケージを取り付ける為の道具Tacx「Saddle clamp」を取り付けました。1,900円とあまり高くないパーツですが、しっかりと固定されていい感じ。ismのサドルに取り憑くか心配でしたが、全く問題ありませんでした。ボトルケージを固定するボルトは付属していなかったので、これは別に購入しなければなりません。
P8015876.JPG

 ボトルケージはElite「Paron Race」を選択しました。これまで使っていたElite「Custom Race」よりも横からボトルを取りやすそうだというのが理由。これをダウンチューブ、サドル後方、TTバーの間と3つ取り付ける予定です。
P8015875.JPG

男命いか

 山口県須佐へ「男命(みこと)いか」を食べに行きました。本当はバイクで行こうと思っていたのですが、前日にバイクのバッテリィが上がっている事が判明して一旦中止。しかし、朝起きるととても天気が良かったので車で行ってみる事にしました。柳井から約2時間、帰り道に大雨が降ったので、車で行っておいて良かったです。やはり梅雨時期の山越えは雨覚悟ですね。
P7035648.JPG

 須佐は今日から「男命いか」の直売市も開催されるとの事で、レストラン「口福の馳走屋 梅乃葉」も人が一杯。オープン時間の11時過ぎに到着したのですが、1時間程度待ちました。「男命いか」自体はとても美味しくて、これならわざわざ呼子まで食べに行かなくても良いなという感じ。呼子との大きな違いはマーケティングでしょうか、同じ県内に住んでいても「男命いか」の事をほとんど知らなかったので。
P7035656.JPG
 歩ける範囲にはあまり観光するような所も無く、港の水の透明度が高くて良いなと思った事くらいでしょうか。もう少し観光に力を入れると人が集まると思うのですが、この野暮な所も魅力の一つなのでしょう。
P7035650.JPG

 帰りは德佐にある「船方農場」に寄り道。ソフトクリームを食べながら牛を見てと思っていたのですが、馬と羊が一頭ずついるだけでした。この辺りから大雨になり、ノンビリと帰ってきました。
P7035658.JPG

 夜はランニング10km。5:30〜6:00/kmでノンビリ走ろうと思っていたのですが、半分進んだ時に山の方で雷が光っているのが見えたので、少し急ぎ目に帰りました。帰り道は街灯がほとんど無く、ハンドライトが大活躍。やはり夜走る時は事前に下調べしておかないと走り難いですね。