バタバタと前日受付

 朝からバタバタな1日。柳井市文化福祉会館でセミナを開催したので、その準備をして、空いた時間に配達。外はとても天気が良くて気持ちいいです。茶臼山古墳周辺に配達だったので、広域農道「やない美ゅーロード」を通って行ったのですが、近くなら下道で行った方が近いような気も。空いているので快適でしたし、緑と空がとても綺麗でした。。

 柳井市文化福祉会館をお借りしたのは初めてでしたが、机や椅子などの設備も揃っていて使いやすかったです。営利目的での利用もできて、ありがたい施設です。

 明日の「第2回 ひろしま恐羅漢トレイル」の前日受付に行かなければならなかったので、午後は急いで往復。片道1時間ちょっとなので、十分に往復できる距離です。駐車場もタイミングよく良い場所が空いていましたし、受付もササっと終了です。後は明日走るだけ。5時スタートなので、1時半には家を出たいところ。眠れるかどうかが心配です。

島スクエア受講

 昨日は朝から雨。天気予報では夕方から雨となっていたのですが、早くから降り始めたようです。朝のうちに少しランニングをしようと思っていたのですが、あきらめて「第2回 ひろしま恐羅漢トレイル」の準備を開始。今回は天気が良さそうですし、なかなか走れるコースなので身軽に走ろうと思っています。

 夜は柳井白壁通りの「かみゆい処」で島スクエアの起業基礎講座Ⅰとして株式会社くるとん「藤井康弘」氏のお話を聞いてきました。起業のお話というよりは、自身の体験だったり、半分は次回の講座の宣伝だったのかなという感じですが、他の参加者さんと話す中で、籔自身のやりたい事を再確認できました。
 次回は6月10日と17日に基礎講座Ⅱとして、起業プランの作成をするようです。籔もできるだけ参加してみようと思います。

参加通知

 朝は晴れていましたが、スコールの様に雨が降ったりと不安定な天気に。黄砂で車がとても汚れていたのですが、スコールのおかげで綺麗になりました。例年6月初め頃から梅雨に入るので、それまでに外でできる活動を済ませておかなければ。

 「第2回ひろしま恐羅漢トレイル in 安芸太田」の参加通知書が届きました。大会まで残り10日、「Yading Skyrun」が今年のメインレースだったので、少し気が抜けているのかあまり動けていませんが、なんとか気持ちを持っていかないと。

 「International Trail-Running Association(国際トレイルランニング協会:通称 ITRA)」の日本代表に就任させていただきました。もう1ヶ月前になりますが、選挙の募集が発表されてから立候補の書類を書き、写真を撮影してもらい、ようやく結果が出ました。色々なトレイルランの楽しみ方がありますが、さらに充実したものとなるよう活動していければと思います。

 トレーニングは胸。
 再び少しだけウェイトを上げてトレーニングしましたが、色々と用事が入って集中してトレーニングできず。今の内に負荷をかけておかないと、またレースで間が空いてしまうので勿体無いことをしました。

  • Bench Press 50*10 60*10 70*10 80*6,4
  • Smith Machine Incline Bench Press 50*10 60*10 70*6,5,4
  • Smith Machine Close grip Bench Press 40*10 50*7,5
  • Dips 0*12,10,9

レース変更

 昨日は「柳井UJIターン応援の会」の例会に出席させていただき、経営再建などに取り組まれていたT氏のお話を聞きしました。必要なことは勉強し、確実に活かされている姿勢は見習わなければ。籔も不動産契約について勉強中、活かせるようにしていこうと思いました。

 「Yading Skyrun」の写真を頂き、ようやく走っていそうな写真がありました。今回のレース、写真を撮っている人はたくさんいたのですが、なぜか写真が出て来ません。中国語では出回っているのか?とりあえず、走っているような気がする写真があって良かったです。
 また、7月以降のレースについても見直しをしました。今年は予定していたレースの日程やスタート地点の大幅な変更などがあり、台湾・香港という場所は変わりませんが、レースを変えました。1つは12/31の年末にスタートする「Ultra-TrailⓇ Tai Mo Shan」に出場してみようかなと。レース中に新年を迎えるのも面白そうです。

「Yading Skyrun 2017」費用計算

 中国の奥地「稲城亜丁(Daocheng Yading)」で行われた「Yading Skyrun」に出場した際にかかった費用をまとめました。レース参加費なども全て含めて103,500円。とにかく移動に時間がかかりますし乗り継ぎでの宿泊があったりと、中国の奥地へ行くのはなかなか大変でした。
 中国のこれから発展していくであろう観光地を巡れて、辛くて美味しいものをたくさん食べられるので、食べ物が好きな人にはとても良いルートでした。

交通費

 飛行機は広島空港から上海を経由して成都で乗り継ぎ待ちの一泊、そして稲城(Daocheng)へもう一度乗らないといけません。家を出発してから27時間、なかなか時間がかかりました。稲城空港は世界で最も標高の高い民間空港で標高4,411mにあり、ここ自体が一つの観光名所です。いつもお安い中国東方航空で、往復58,740円でした。飛行機に6回も乗ったと考えると安い方でしょうか?「稲城」への航空券はなかなか購入できるサイトが無く、中国東方航空の日本語版オフィシャルサイトでもチケットが表示されなかったりと苦労しました。
 また、稲城の空港では航空券に紐付けしていたマイレージの番号をパスポート番号と間違えたらしく、もう少しで飛行機に乗れないところでした。何度も説明したのですが分かってもらえず、最終的には事務所のようなところで説明して何とか飛行機へ。標高の高い空港で慌てて走ったので、これが最も苦しかったような。小さな空港では、思いもよらぬ事が起こるのだなと再確認。特に中国の内陸部は英語が全く通じない人も多く、中国語が分からないとスムーズには進みません。

 空港からホテルのある「稲城亜丁」までは大会の用意してくれたシャトルバス。あまり便数の多くない空港なので、選手が来そうな日程は全ての便にシャトルバスが用意されており、料金もエントリー費に含まれていました。同行者も乗車OK。個人で移動を手配したり、公共バスでの移動は大変だと思っていたので助かりました。ただ、事前の情報では1時間半で到着するとのことだったのですが、約3時間かかりました。道も曲がりくねっていますし、標高4,800m程度まで上がるので、乗り物に弱い人は注意です。帰りはバスの故障で飛行機に遅れるかと思ったほどで、少し信頼性にはかけました。

広島 〜 稲城(飛行機) 往復中国東方航空58,740円
SHA 〜 PVG空港間シャトルバスCNY30(500円)

宿泊費

 「稲城亜丁」では、大会本部やレースのスタート地点に近い「Yading Yizhan Hotel」に宿泊。この地域のホテルがどのようなレベルか分からないので、運営オススメのホテルで、そこまで高く無いところを選びました。3泊でCNY1,068(約17,000円)。
 お湯の温度が安定しませんでしたが、設備には不満無し。早い時間からチェックインもさせて貰えました。何よりもホテルの目の前からスタートするのが最高、徒歩数分以内にスーパーマーケットや飲食店もたくさんありますし、不便はありませんでした。ただ、横を川が流れているので、水の音が気になる人は他のホテルの方が良いかもしれません。

 成都では乗り換えのために行き帰りで1泊ずつ、「成都川港国际酒店」に合計2泊しました。予約サイトの地図では空港に隣接していたのですが、実際は全く違う場所にあり、空港から5km程度離れていました。歩くのは考えたくない距離ですが、往復ともシャトルバスを運行してくれるので助かります。空港からホテルへは連絡をするとすぐに迎えに来てくれます。

Yading Yizhan Hotel3泊17,000円
成都川港国际酒店2泊7,500円
合計5泊24,500円

その他

 参加費は半額のクーポンが適用され、2つのレースに出てHKD1,165(16,500円)。この値段に空港からレース会場への往復のシャトルバスや、スタート・ゴール地点へのシャトルバス(片道1時間)が含まれていますし、環境を考えるとかなり安いと思います。保険はいつもと変わらず。場所が場所ですし、しっかりと保険はかけて行きました。

Yading Skyrun(2レース) エントリィ費HKD1,16516,500円
海外旅行保険6日間3,260円
合計19,760円

観光

 レース以外については全く調べていなかったので、観光は行き当たりばったり。成都では「陳麻婆豆腐」という麻婆豆腐発祥のお店で麻婆豆腐をいただき、成都武侯祠と錦里歩行街を散策。劉備のお墓が有るという事で、とても雰囲気のある良い場所でした。無料区間は市民の憩いの場ですね。

 「陳麻婆豆腐」の麻婆豆腐はしっかりと山椒の味が効いていて美味しい、日本でもこんな四川料理が食べられるところが沢山あれば良いのにというほどでした。

高山病?

 朝6時の飛行機で成都から稲城へ移動。大会に出場する選手がたくさん乗っていましたし、いつもとは客層が違ってチャーター便のような雰囲気。この稲城亜丁空港は最も標高の高いところにある空港で、標高4,411m。飛行機を降りてゲートを少し歩いただけで心拍数が上がり、少しクラっとする感じがありました。ある程度の速さで歩くと歯が浮いたような感じもありましたし、酸欠になっている事を実感します。

 空港のゲートを出たところに選手受付があり、ここからは大会の用意したシャトルバスでメイン会場になっている稲城亜丁へ移動。140kmを1時間半で移動するという情報だったのですが、ヤクやクネクネの道路に阻まれて2時間半かかりました。景色は開けていて良いのですが、代わり映えしないので飽きてしまいます。

 バスがメイン会場になっている「Risong Gongbu Hotel」に止まり、そのまま流れ作業で前日受付も。しなければならない事がすぐに済んで良かったのですが、受付は大混雑。初めてコースの詳細な高低図も見ましたし、明日走る「YADING VK」の集合時間や、ゴールしてからの流れなどもようやく明らかになりました。全ての事を何度も確認しなければならないのは大変ですが、ちゃんと準備してもらえていることは感じます。

 「稲城亜丁」はとても小さな町で、ちょっとした買い物やご飯を食べるところはたくさん有るので困りません。美味しくご飯を食べたのが引き金になったのか、急に頭痛と嘔吐で高山病らしき症状が出ましたが、2時間寝たらスッキリと治りました。明日はお昼頃から7kmのバーティカルレース。なんとか5,000mにたどり着けるよう、無理せずに頑張ろうと思います。

パッキング完了

 明日から中国へ行くのですが、ようやく準備が終わりました。今回は2日連続でレースがありますし、気温などもよく分からないので、とにかくレース関係の荷物が大量。ダウンジャケットが2つ、雨具も2セット、シューズが3足と、何でもかんでも持って行く作戦です。日本は大型連休ですが、中国も連休ですし、空港で荷物がなくなることにも対策してみました。

DSC01097.JPG

 今日は少し残っていたら買い出しやら、パッキングを済ませたり。偶然に色々な人と出会う事ができ、中国行きを応援してもらえました。天候だったり、高地だったり、現地の状況などが分かりませんが、とりあえず最後まで走れるよう頑張ってこようと思います。

DSC01088.JPG

 明日は目的地一歩手前にある成都までの移動日。インターネットの規制などで更新できるか分かりませんが、大丈夫そうであれば旅行記を書いていこうと思います。

DSC01094.JPG

集金

 昨日もとても良い天気。配達で車に乗ったり、歩いたりすると暑いほどでした。もうすぐ5月ですし、そろそろ海で泳げそうです。

DSC01047.JPG

 お昼に自治会費の集金に回りました。事前に連絡しておいたので、皆さんちょうどの金額を用意しておいてくださり楽々終了。マンションなので移動距離が短くて済むのは良いですね。

DSC01049.JPG

 「Yading Skyrun」へ向けての準備も本格的に始めました。今回は気候もよく分かりませんし、2レース分の荷物が必要なので、とにかく持っているもの全て持って行くようになります。荷造りは楽ですが、気温によっての装備を何通りも考えておかなければなりません。

DSC01050.JPG

柳下村塾

 昨日は柳井にある大きなお菓子屋さん「あさひ製菓」さんでお店の紹介をさせていただきました。甘い良い匂いが漂って来て、ダイエット中の籔には誘惑が多すぎる工場。ダイエット自体は後10日程度で終了するのですが、終わった後で食べたいものが少しずつ増えて来ました。
DSC00922.JPG

 夜は「柳井UJIターン応援の会」様の「柳下村塾」にて、トレイルランについてお話をさせていただきました。せっかく用意していただいたプロジェクタに接続できなかったりとトラブルはあったのですが、何とかお話しさせていただくことができました。
 トレイルランをしたことのない方ばかりでしたので、質問もあまり出ないかと思っていましたが、予想以上にたくさんの質問をいただき有難かったです。
PHOTO131.jpg

打上げ

 嵐のような天気もおさまり、晴れて気持ちの良い天候になりました。お店周辺は物が飛んでいたりと、ちょこちょこ被害が。やはり風の通り道になっていて、周辺だけ風がとても強かったようです。
DSC00880.JPG

 夜は「Run+」併設の「Triple cafe」で行われた瀬戸内アイランドトレイル in呉・上蒲刈島実行委員会の打上げに参加させていただきました。18時頃から広島へ向かったのですが、半分程度は明るい中をドライブすることができました。
DSC00884.JPG
 大会自体も賑やかでお祭り感覚溢れていましたが、実行委員会もとてもいい雰囲気。食事はケトジェニックダイエット中であまり食べられなかったのですが、珈琲が飲みやすくてとても美味しかったです。シャワーなどが使えるランニングステーションとしても使えるようですし、次はランニングがてら来ようと思います。
IMG_1658.JPG