プラグ交換

今のバイク(V-Twin マグナ)に乗り始めて1万キロ以上走っていました。その間プラグ交換無し…最近、少しレスポンスが悪くなっていましたので、思い切ってプラグを交換しました。 用意したのは以下の4点
・プラグ2個
・南海部品の激安プラグレンチ(¥200)
・モリブデングリス
・軍手 plug1 さぁ、作業スタートです! ①プラグコードを抜く
  根本を持って、上に引けば簡単に抜けます。
plug2plug3 ②プラグレンチを差し込んで反時計回りに回し、プラグを抜く
  ある程度回したら、後は手で回せます。 plug4 ③外したプラグの焼色チェック(省略可)
  先が「キツネ色」だと良いみたいですよ。 plug5 ④ギザギザの部分に焼き付き防止のため、モリブデングリスを
  薄く塗ってくださいね plug6 ⑤後は逆の手順でプラグ・プラグコードを取り付ける
  プラグを取り付ける時は手で回せるまで締め付け、
  そこからトルクレンチで1/2~3/4回転締め付けます。 plug8 以上で終わりです。今のバイクは2気筒ですので、もう片方も同様に交換。 ただ、ここで問題発生…このバイクはラジエーター、ホーン、エアフィルタが邪魔をして前側の気筒は手が入りにくいです。もう無理矢理! plug7 なんとか交換し終わったので試走に行ったのですが、交換前と明らかな違いが!とりあえず同じ速度でも、低い回転数で走ることが出来るようになりました。燃費が上がる気がします♪ こういう作業は苦手なのですが、意外とやれば出来るものですね!次はチェーンの張り調整に挑戦したいです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。