CBR600RR 納車

遂に納車されました、新たな愛車は2004年式の「CBR600RR」。 CBR600RR 1 前の車種がアメリカンで今回がスーパースポーツ、ポジションや性能がかなり違うので初めは戸惑いましたが、思ったよりも乗りやすかったです。 ただ、街中で走るには…クラッチが重過ぎて握力がすぐになくなりますし、水温が100℃を超え脚(股?)がとても熱い、そしてシートが高く片足しか地面に付きませんので…全く向いていません。 その分、山とか高速道路は最高です♪
タイヤは地面に吸い付きますし、サクサク回ってくれるので乗るのが楽しい!カウルもかなり風を防いでくれるので、スピードが出ていても楽です。 スタイル的にはフロントマスクがツルンとしていて可愛い♪ CBR600RR 2 全体像はこんな感じ。 マフラーをTSRの物に変えてありますので、アイドリング時はあまり感じませんが、吹かすとレーシーな音がします。この動画だとアイドリング音だけなので分かりませんね、周りに車がいたので吹かせませんでした。今度、車がいない時を狙ってもう一度撮ってみます。 これだけ音が出れば、周りの車に気付かれないという事も無いでしょう! 長く乗っていけるように、安全運転に気をつけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。