オイル交換&ETC車載器移動

今日は午後から用事があったので学校へ。帰りは夕方だったのですが、いつも通り夕焼けが綺麗でした。最近は毎日良い天気が続きます。 kawa 帰ってきてから時間があったのでバイクのエンジンオイル交換です、前回のオイル交換から2500km程度、オドメータは4500kmです。初めてのオイル交換でしたので確認しながらユックリやってみました。 ①ドレンボルトを外す
暖機をしてオイルを温めた後でドレンボルトを外します。
ボルトはオイルパンの先に付いています、見るとすぐに分かる。12のレンチで外せたと思います。 IMG_2853外した途端オイルが出てくるので気をつけてください。車体を真っ直ぐにしたりしてオイルを出し切り先程外したドレンボルトを取り付ける。 IMG_2854 ②オイル注入
ドレンボルトを締めたらオイルを入れます。
今回はオイルフィルターを交換しませんので2.6L、順調に入っていきます。今回のオイルは「タクマイン 匠 10W-40」、入ったらキャップを閉めてオイル量の確認を。 IMG_2855 ③オイル量確認
オイルを確認する窓があるので、そこから覗いてオイル量を確認します。今回はメンテナンススタンドを使わずに1人でオイル交換しましたので大変でした。 この状態で一番楽だったのは「カメラを接写モード・ISO最大にし、車体を垂直に保ったままのぞき窓を撮る」という方法、オイルが適切な範囲に収まっていることが確認できます。 IMG_2862 数キロだけ確認のために試乗してみましたが、大きな変化は感じませんでした。回転数を上げていくと違いが分かるでしょうか? その後はETC車載器を固定している両面テープを剥がしました。写真のような強力そうな両面テープで止められていましたが、全く残らず綺麗に取れました。 etc2 試しに車載器を真ん中に置いてみるとこの状態でもフタが閉まる…これなら写真のように左側に鍵を入れることができますし、この状態でマジックテープを使い固定しようと思います。 etc1 だいたい30分程度で終了です、オイル交換は簡単でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。