ドライボックス

写真関係で必要な物は恐らくこれで最後、湿気を避けるための「ドライボックス」が届きました。 中に除湿剤を入れて湿度を40%程度に保ち、カメラ・レンズにカビが生えないようにします。一度カビが生えると取り除くのに数万円かかってしまうらしいので、1000円くらいで済むドライボックスは安い物。 籔の部屋は加湿器で湿度を60%程度まで上げているので必需品、前面に湿度計が付いています。 box 本当はカメラバックごと入れたかったのですが、予想よりもサイズが小さくて入りませんでした。ネットで買う時はちゃんと確認しないといけませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。