インド旅行 2009/09/08~2009/09/12

インドへ旅行に行ってきました。
期間は09/08から5日間、乗り継ぎで上海にも寄ったので、インドにいたのは実質3日間。ちょうど良いくらいの期間でした。あまりウダウダ書かずに、サラッと行程を書いていきます。 1日目 日本~上海~インド(移動日) 実家を9時頃に出発し、福岡空港まで移動。14時頃の飛行機で先ずは乗継ぎ地の上海へ向かいました。外は曇っていましたが、雲の上に出るといつでも良い天気です。飛行時間は2時間程度なので、機内食を食べて少し本を読んだら到着。
hikouki

kinaishoku 上海浦東国際空港に着いたら、先ずは街中へ上海磁浮列車(リニアモーターカー)で移動。最高時速431km/h、30キロを7分間で走るらしいです。時速431kmをしっかりと堪能できました、確かに凄く速かった気がします。
rinia 431 街中では中国茶のお店で色々なお茶を試飲したり、歩行者天国になっている通りを歩いたりして時間つぶし。上海の白バイも見れました。
bike 夕飯は上海料理。あまり辛くなく、むしろ甘いくらい。
ryouri 食べ終わったら空港へ移動し、デリー行きの飛行機に搭乗。飛行時間は6時間程度、しっかり眠りました。デリーに着いたのは午前3時、ホテル(Crest Inn)へ移動して仮眠。シャワーが水しか出なかったり汚かったりと、「インドに来た」と感じられるホテルでした。
hotel 2日目 デリー市内観光 → アグラへ移動 ホテルで3時間程度仮眠した後、先ずはホテルで朝食。かなり質素な朝食で、ほとんど食べるものがありませんでした。ホテルの周りはこんな感じ、インドでは追い越す時・交差点で必ずクラクションを鳴らすので、朝はクラクションがうるさいです。
gohan machi kutolubu朝食後はデリー市内の観光。まずは世界で最も高いミナレット「クトゥブ・ミナール」へ。

「ミナレット」はモスクに付随し、礼拝時刻の告知を行うのに使われる塔のこと。以前は上まで登れていたらしいですが、事故が起こって登れなくなったらしいです。

ミナレットなので、横にモスクもあるはずなのですが、そちらは壊されたみたいで有りませんでした。 ちょっと移動して「フマユーン廟(Humayun’s Tomb)」へ。タージ・マハルなどの原型となった建物らしいです。確かに作りはそっくり、籔は行った観光地の中でここが最も好きでした。
humayu-n 車窓からインド門を見ながら、昼食会場へ移動。インド人の多くは1日3食カレーを食べるらしく、籔達の食事もずっとカレー。美味しいので毎日食べれます。
india gate hiru ここからは「アグラ」というタージ・マハルのある街まで200kmの移動です。日本なら2時間で着く距離ですが、インドでは5時間くらいかかりました。街中には当然のように牛が沢山歩いています。
usi アグラでのホテル(MANSINGH PALACE)はお湯も出てなかなか快適でした。夕食はホテル内で、もちろんカレーです。
hotel yoru 3日目 アグラ観光 インドはちょうど雨期の終わり頃でしたので、この日は雨。先ずは車で少し移動し、「ファティープル・シクリ(Fatehpur Sikri)」へ。凄く広いので一部分を歩いただけ、園内は整備されていて光が強いからか緑が綺麗です。
fs1 サクサク移動し昼食、もちろんカレー。バナナもよく採れるのか、そこら中で売っています。
hiru 有名観光地「タージ・マハル(Taj Mahal)」です。総大理石で出来ているので、落書き・盗難防止のために入り口で厳しい荷物検査があります。そして建物内に入るには靴カバーをするか靴を脱がなくてはなりません。内部は写真撮影も不可。
tm タージ・マハルの墓標部分は大理石で出来ているのですが、他はファティープル・シクリと同じような砂岩で出来ています。大理石は400km離れたところから輸入し、22年かけて作ったらしい。ものすごい労力です。
tm2 次は「アグラ城(Agra Fort)」へ移動、この日は移動が多いです。長い坂道を上がって場内へ、この坂は敵の侵略対策に使われていたみたいです。
ac2 どのお城・お墓にも共通しているのは広いこと、歩くのも大変です。
ac この3カ所でアグラ観光は終了。ホテルに帰ってからどうしても乗りたかったので、インドのタクシー「auto-rickshaw」に乗ってその辺を1周。恐らく200cc以下の排気量に3人乗り、サスペンションはガチガチになっているのでスピード感有ります。
t ar この日もホテルはMANSINGH PALACE。 4日目 デリーへ移動 → デリー市内観光 朝から先ずはデリーへ来た道を帰ります。約200km、5時間の移動。そのまま昼食会場へ。やはり最後までカレーです。
hiru hiru2 そしてガンディーの慰霊碑「ラージ・ガード(Raj Ghat)」へ。この日も雨が降っていたのですが、お参りする人が沢山いました、流石インド独立の父。ヒンドゥー教は埋葬する習慣がないので、お墓ではなく慰霊碑らしいです。
rg 最後に紅茶屋や民芸品店に連れて行かれ、初日に休憩したホテル(Crest Inn)で仮眠を取ってから空港へ。やはり今回も水しか出ませんでした。
kuukou そういえばインドのバイクは新興国によく有るスクーターではなく、少しスポーティーなものが多かったです。エンジン小さいのにカウルはもりもり、スピード出ないでしょうね。
bike 5日目 上海経由 → 日本へ 飛行機に乗ると、インドを出国したのに機内食はカレー。とりあえず食べて仮眠し、本を読んでいると経由地の上海に到着です。
kinai 乗り継ぎに4時間程度有ったので、一度出国し空港近くで昼ご飯を食べました。もちろんカレーではなく上海料理。お店の外観は期待できない感じだったのですが、味はなかなか。
chi 後は空港で時間をつぶし、福岡空港へ。移動が多かったので、長かったようなあっという間だったような不思議な旅行でした。インドはあと10年くらい経ったらもう一度行ってみたい国です。
kuukou2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。