初転倒

今日は自転車で地元に帰ってきました。走行距離は101.73km、途中で転倒するトラブルがあったのですが、自転車も体も壊れず、なんとか辿り着きました。
ルートは横川を出発して廿日市IC辺りから県道30号線「明石峠」を通って国道186号線へ、そこから県道2号線を通って国道187号線を経由し、県道130号線と7号線を通って柳井まで。峠をいくつ越えたか分からないくらい疲れました。
転倒は県道130号線を通っているとき。急に飛び出した猿を避けようとすると、道路の段差にタイヤを取られてこけてしまいました。ビンディングの初使用だったのですが、早速傷が。まあ、実用上は全く問題ありませんし、車体にはグリップ以外傷が付かなかったのでその点は良かったです。

体は少し擦り傷と打ち身があるくらい、至って元気です。服の被害はアームカバーが破れたのと、所々擦れたような後が付いたくらい。こちらも最小限で済みました。

そこまで山奥で無い場所でも猿っているのですね、山口では初めて見たので驚きました。 猿が出たのは写真の様な感じの道。ここへ行くまでに殆ど栄養補給できなかったのと、高度が高かったのでとても体が冷えてしまいました。今回ほど精神・肉体的に辛かった有酸素運動はこれまで無かったかも、途中でバスに乗ろうかと思うくらい大変でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。