仮想化

沢山寝たら熱が一気に下がったので、近くのコンビニへ買い物に行きました。冷たいものが食べたかったので「ガリガリ君」。こういう時に限って当たりが出たのですが、もう一本貰いに行く元気がないのが残念です。
HDDも容量の大きい物に変えましたし、これでWindowsを仮想化することが出来ました。まずは仮想化ソフトウェアをインストール。有名どころでは「Parallels」や「VMware」等がありますが、どちらも有料なので今回は無料の「VirtualBox」を使用してみました。
インストール方法は例によって色々なサイトに出ているので省略。特に難しいこともなく、サラリとWindowsまでインストールできました。今回はメモリが少なくて済むので「Windows XP」を選択。これでBootcampとは違い、Macを起動したままでWindowsも使えるようになりました。
Windowsをインストールする時、一緒に「Microsoft Office 2011 for Mac」をインストールしました。随分とUIが変わっていて、2008と比べると格段に使いやすくなっています。ロゴも変わって良い感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。