スイス入国

旅行3日目、今日はヴィースの巡礼教会(Wieskirche)とノイシュヴァンシュタイン城(Schloss Neuschwanstein)へ行き、その後スイスへ向かいます。 朝8時頃にホテルを出発し、まずは「ヴィースの巡礼教会(Wieskirche)」へ。中に入るまでは何てことのない少し大きな教会なのですが、内装はもの凄く手が込んでいました。世界遺産にも登録されているらしい。

教会後部にあるパイプオルガンが綺麗だったのですが、今回は撮影するのを忘れていました。ドイツ語で書かれていてよく分からなかったのですが、ワーグナーという文字と時間が表示されていたので、コンサートなども開かれているのかもしれません。
そこから少し戻り、昨夜遠くから写真を撮った「ノイシュヴァンシュタイン城(Schloss Neuschwanstein)」へ。今度は麓から30分程度かけて歩いてお城まで登ります。延々と上り坂が続くので、お城に到着する頃にはうっすらと汗をかいていました。お城の中は寒いので、風邪に注意が必要です。

建物の内部は撮影が禁止されているのですが、お城からは綺麗な景色を見ることが出来ます。この日の気温は最高が1℃で最低が−1℃なので、辺りは真っ白。雪は溶けないようです。 お城は40%しか完成していないということで、見れない場所や売店などに使われている場所も沢山あります。中にはちょっとした食事の出来るカフェもありました。
ちょうどお昼になったので、近くのホテルでお昼ご飯を食べてからスイス中央部へ向かいます。レストランの前にある湖は一面に氷が張っていました。こんなに広い湖に氷が張っているのは初めて見ました。脚で叩いても割れなかったので、一瞬なら乗れるかなと思ったのですが、割れた時のダメージが大きいので止めておきました。
EUに加盟していないスイスの国境では税関の検査がありましたが、パスポートなどの提示は無し。スイスに入ると急に標高の高い山が出始め、天気も少しの間だけ晴れました。このときに太陽が出るまで、ずっとどんよりした天気が続いていたので、久し振りに太陽を見た気がします。今まで見たことの無いような景色ばかりです。
明日は列車で4000m程度の山まで上がります、吹雪とかでなければ眺めが良さそう。そして樽付きのセントバーナードを探すのです。今日はホテル専属の樽無しセントバーナードを見つけました、やはり大きいです。
今日の移動は下の地図のような感じになりました、東から西への移動です。明日は山に登った後でフランスへ移動します。TGVにも乗る予定。

大きな地図で見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。