モン・サン=ミシェルへ

旅行も遂に6日目、明日の夜には飛行機に乗って日本を目指します。フランス2日目の今日は市内を離れ、一路西へ350km、モン・サン=ミシェル(Mont Saint-Michel)へ行きました。
片道350km有るので、往復するだけで1日が終わります。ずっと続く牧草地帯を見ながら西へ、枝の先にだけ葉がまとまっているという不思議な木が沢山生えていました。

途中で経度0度を超え、GPSロガーの表示が東経から西経へと変わりました。2段目の一番右の文字が「E」から「W」になっているのが分かるでしょうか?変わる場所に何か表示があるかと思い楽しみにしていたのですが、何もありませんでした。
約3時間半かかってモン・サン=ミシェル(Mont Saint-Michel)へ到着。以前は満潮時に島への道路が水没していたらしいですが、現在は堤防を作って、いつでも渡れるようになっています。

行った時はちょうど潮が引いている時、潮の干満の差が激しいので、満潮時には駐車場水没するらしい。重機を数台使用して、除雪作業ではなく除泥作業が行われていました。
ちょうど潮が引いていたので、島からは堤防以外の場所は1段低くなっていることがよく分かりました。昔は堤防が無く、潮が引いた時に歩いて渡っていたらしいので、満ちてきた潮に流された人もいるそうです。潮の流れが速い場所なのですね。
とても小さな島なので、狭い場所に建物がひしめき合っています。当然通路も狭く、車は入れません。観光客でごった返していたのですが、いなければ綺麗だろうなと思います。
また3時間半かけてパリ市内に戻り、夕食はエスカルゴを食べました。ちょっと抵抗があるかもしれませんが、食べてみるとソースが美味しいです。これはこのソースなら無理にエスカルゴでなくても良い気がします。
明日は午前中をパリで過ごし、午後から帰国の為に空港へ行きます。まずは中国まで、まだ日本に帰るまでにはもう少し時間がかかります。

山口県柳井市在住。
トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。
最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。

籔をフォローする
旅行
籔's Log

コメント

  1. W_eagle(P) より:

    いいなぁ。
    モン・サン・ミッシェルはあこがれの地です。

    エスカルゴのソース、サザエに使っても美味いですよ。

  2. より:

     >W_eagle(P) さん
    モン・サン・ミッシェル、行くまでの道路が良かったですよ!
    夏に走ったら気持ちいいだろうなと思います^^

    ぜひバイクで♪

    サザエも食感が良いので美味しそうですね〜食べてみたいです。

  3. yamada423 より:

    これは寄生植物のヤドリギです。私のブログにも写真を載せています。
    http://4travel.jp/traveler/810766/album/10469817/

    ケヤキやブナなどの落葉樹の大木に寄生します。宿主の幹に楔型に根を食い込ませて栄養や水分を横取りします。
    こんもりと丸くなり,常緑なので,冬に宿主の木の葉が落ちたときに遠くからでも目立ちます。

  4. より:

     >yamada423 さん

    鳥の巣ではなく「ヤドリギ」なのですね、それであんな安定しなさそうな場所にも生えていたことの訳が分かりました。

    教えてくださってありがとうございます。