色々と試乗

加計の「太田川交流館かけはし」で行われたTREKの試乗会へ行ってきました。事前の天気予報だと雨が降りそうだったのですが、実際は曇りか日が差す時もあって、しっかりと試乗することが出来ました。

試乗したのは以下4台。アルミのフレームもあると聞いていたのですが、実際行ってみるとカーボンフレームの「Madone」しか有りませんでした。代わりにMADONEは4〜6シリーズまで全て試乗し、約120万円のTTマシン「Speed Concept 9.9」にも試乗することが出来ました。
・MADONE 4.5
・MADONE 5.2
・MADONE 6.9SSL
・Speed Concept 9.9

午後から行きましたし、ちょうどイベントをしていたようなので試乗している人はあまりおらず、全く待たずに次々乗っていくことが出来ました。
1台目は「まずはこれを」とお店の人が出してくれた「MADONE 5.2」。
お店で試乗させて貰った「MADONE 6.2」は少しサイズが大きかったのですが、これはサイズ50でちょうど良いサイズ。「サイズがぴったりだな」と「コース合ってるかな?」と考えていたら試乗終了。とりあえずその後の目安を作ったという感じです。
2台目は「一番軽いの行ってみましょうか」ということで「MADONE 6.9SSL」。
TREKのロードバイクの中で最も高価なモデルです。1代目の5シリーズと比べ、車体が軽く、踏むと踏んだだけ前に進むことが分かります。フレームは堅いらしいですが、元々快適性は求めていないので「速くて快適」。試乗コースにわずかな上り坂もあったのですが、グイグイ進んでいきました。
3台目は「フレームが柔らかいの行ってみましょうか」ということで「MADONE 4.5」。
フレームが柔らかいので、「快適性は2台目の「MADONE 6.9SSL」より随分上。」とのことでしたが、「MADONE 6.9SSL」と比べると踏んでもあまり進まず、モッサリとした感じ。こういう感じのするフレームはなんだか気持ち悪くて好きになれませんでした。 TTバイクの試乗車も有ったので、最後にどんな物か乗ってみました。「Speed Concept 9.9」。
流石にもの凄く高いバイクなので、TREKの人もフィッティング・説明がとても慎重。ポジションが全く違うので、籔も少し緊張しながら出発しました。とりあえず駐車場から外に出るまでの加速で、今までのバイクとは比べものにならない程加速していきます。途中でDHバーも持ってみたのですが、あそこにはブレーキが付いていないので「何かあったら…」と思うと怖くて長時間は握っていられません。もちろん凄く前傾がキツイので姿勢を保つのは大変でしたが、その分速度は良く出ますね。
実は一番気に入りました。
アルミフレームに試乗するという本来の目的はかないませんでしたが、フレームによってかなり乗り心地が違うことを体験出来たのでとても良い試乗会になりました。やはり、籔には踏んだら踏んだだけ進んでくれるある程度固いフレームが良さそうです。
帰りはお決まりの「鯛焼き よしお」へ寄ってから帰宅。緊張しながら乗っていたので、甘い物が美味しかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。