とびしま海道サイクリング

「とびしま海道」を自転車で走ってきました。随分と前から計画だけはしていたのですが、距離が160km程度と長いのでなかなか実行に移せませんでした。今日の走行距離は166.46km、もちろんこれまでで最も長い距離です。

ルートはこちら。「安芸灘とびしま海道」と呼ばれている7つの橋と7つの島を巡ってきました。今回は距離が長いのでツールボトルを外してシートバッグを採用。前半は40kmに1度の休憩でしたので、ボトルが2つ有って良かったです。
距離:166.46km 時間:6時間52分50秒 平均速度:24.2km/h

大きな地図で見る 出発は9時、少し遅くなってしまったのですが快調に走り、1つめの島「下蒲刈島」へ渡る直前のセブンイレブンで1回目の休憩。海沿いを走ったのは今年初めて、矢野までは車が多かったですが、その後は順調に走れました。

ほとんど平地だったのですが、橋は海面よりも高い所にあるので、橋を渡る度に坂を上らないといけません。これが意外と脚に堪えたのですが、7つめの「岡村島」まで一気に廻りました。「岡村島」は愛媛県なのですね、山口・広島以外の県に自転車で入ったのは初めてです。天気が良かったので遠くに「しまなみ海道」を見ることも出来ました。

ここまで順調に進んでいたのですが、4つ目の「大崎下島」まで戻ってきた所で休憩すると、一気にこれまでの疲労が出てきたようです。大腿四頭筋がいつ攣ってもおかしくない様な状態になり、筋肉痛がずっと続いている様な痛みがあります。ここまででちょうど100kmくらい、後60km残っているのでユックリですが騙し騙し先に進みます。

行きは島の北側を通ったので帰りは南側を通っていたのですが、南側の方が上り坂が多く、脚を更に追い込んでいきます。行きに通り過ぎた「であいの館」という物産店で少し休憩。ここには自転車ラックが設置してありました。スポーツ用の自転車にはスタンドが付いていないので、こういうラックがあると凄く嬉しいです。今日は誰もいませんでしたが、普段は自転車も多いのでしょうね。

ここで休憩したのが良かったのか、脚は随分と回復。追い風も手伝って、一気に広島まで帰ってきました。100〜140km辺りはとても辛かったので、写真もほぼありません。車が一気に増える17時までには帰りたいと思っていたので、とにかく前へ進むことを考えて走っていました。
ユックリならまだ距離は走れそうだったので、次回は200kmに挑戦したいですが、当分は天気が悪そうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。