クリート位置調整

中国地方は今日から梅雨入りしたようです。昨日の長距離サイクリングで、今月の走行距離は614kmになりましたが、雨が続くのでこれ以上は走れそうにありません。ローラー台等がないと1ヶ月で1000kmはなかなかクリア出来そうにないですね。
先週あったTREK試乗会に来ていたSHIMANOの人に「正しいクリート位置の合わせ方」を教えて貰っていたので、調整してみました。
SPD-SLの場合、先ずは下記2つの方法でクリートの中心位置を合わせる場所を探します。籔の場合は小指の付け根辺り、今までは拇指球に合わせていたので、随分と後ろになりました。
①拇指球と小指球の位置を見つける(写真の赤い点と線)
②赤い線と線を結んだ中心に印を付ける。(緑色の点)

次は実際にクリート位置を調整します。上記の方法で見つけた位置と下の写真の緑色の線が合うように、クリート位置を調整します。3つ有るクリート位置調整ネジの下2つの上ですね。写真は調整後です。

これでクリートの調整は終了。大雑把な方法なので有っているのか分かりませんが、とりあえずメーカーの人が推奨している位置ということで、これで走ってみようと思います。
どうやら拇指球で合わせるというのは昔の方法で、今はなるべく後ろ寄りになっているらしい。こういう位置にもトレンドが有るそうです。 トレーニングは胸。
ベンチプレスはフォースドレップで、自力で出来なくなってから更に補助をして貰って2レップ。この1種目だけでかなり追い込めます。ダンベルフライはこれまで軽い重量を使用していたのですが、重い重量を使用すると良いと聞いたので、試しに20kgまで上げてみました。肘を痛めないよう気を付けないといけませんが、慣れればもう少しレップ数を増やすことも出来そうです。これも更に続けていきます。
Bench Press 20*10 5*10 80*8 100*1
Bench Press(Forced Rep) 80*7&2 80*6&2 70*7&2 60*7&2 50*7&2 50*5&2
Chest Press(Forced Rep) 60*7&2 55*7&2 50*6&2 45*5&2
Super set(Dips, Pull Up)
 (E*5 E*4) (E*4 E*3) (E*3 E*2) (E*2 E*2)
Incline Bench Press 50*5,4 40*7,6,5
Incline Dumbbell Fly 15*6 24*2 17*4 15*3
Dumbbell Fly 20*2,1 15*2,1 V bar Push Down 25*8 30*5 25*6 20*6
Rope Push Down 20*5 15*6 10*7,6 E = Empty weight

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。