サイクルキャップ

 今日も種子島への準備、買い物をする為に久し振りに街中へ出ました。暑いので陰を歩きたいのですが、真上に太陽があるので陰がありません。急いで買い物を済ませました。

 先ずは東急ハンズへ行き、ヘルメットの下にかぶる「サイクルキャップ」を購入。暑いのでよく売れているのか、ほぼ白い物しか残っていませんでした。白い物は光を反射して眩しそうなので、唯一残っていた青い物を購入。ヘルメットが赤いので、なるべく赤の方が良かったのですが、仕方有りません。
 その後は1DAYのコンタクトレンズを購入しに「プライスコンタクト広島」へ。前回と同じボシュロムの「メダリスト ワンデープラス」を左右一箱ずつ購入。これは旅行やツーリングの時用です。視力などは前回から変わっていませんでした。
右:PWR -3.75 BC 8.6mm DIA 14.2mm
左:PWR -4.25 BC 8.6mm DIA 14.2mm
 家に帰ってから、サイクルキャップがヘルメットやアイプロテクターと干渉しないか、新しいサドルバッグがちゃんと使えるかを確認する為、約20km走ってきました。どうも身体が疲れているので、距離は短めです。
 ルートはこちら。
距離 17.32km 時間 0時間40分34秒 平均速度 25.6km/h

大きな地図で見る
 サイクルキャップは視界も遮りませんし、全く問題なし。ただ、時間が遅く光が弱かったので、キャップとしての効果はよく分かりませんでした。
 サドルバッグ(BBBの「クイックパック L」)は初めの内太股の裏に当たっていましたが、位置を調整すると問題なし。中の物が動いている感じもしませんし、しっかり使えそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。