ユーザー車検や調整

 朝からK氏の自動車の車検を受けに、広島軽自動車検査協会へ行ってきました。前回はバイクで受けたので、車でのユーザー車検はこれが初めてです。持って行く書類は以下3点。他のサイトには色々と書いてありますが、広島の場合これだけで大丈夫でした。前回、バイクの車検をした時は事前に自動車損害賠償責任保険の継続手続きをしたのですが、当日、同じ会場で加入する事が出来るので、事前に継続手続きをしておく必要はありませんでした。
・自動車検査証(車検証)
・軽自動車税納税証明書
・自動車損害賠償責任保険証明書
 軽自動車の場合、とりあえず25番の窓口へ行くと全て説明して貰えるので、25番の窓口へ行く事が出来ればほぼ終わったも同然です。手順は下記7つ。次はどこへ行けと教えてくれるので、言われるとおりに動きます。
・事前予約の確認、軽自動車検査表・自動車重量税納付書の受け取り
・継続検査申請書を購入
・書類に記入
・重量税支払い
・検査
・自動車損害賠償責任保険の継続手続き
・車検証受け取り

 検査レーンでは「初めてだ」と告げると、係の人が付き添って操作してくれます。排気ガス、ライト、ブレーキなどのテストをしていましたが、受験者しか車に乗る事は出来ないので、籔は見学レーンで見ていました。ここも言われたとおりに作業すればすぐに終了。
 検査が終わると自動車損害賠償責任保険の継続手続きをし、25番の窓口へ書類を提出したら終わり。すぐに新しい車検証をもらう事が出来ます。今回の車検費用は合計で31000円。大型自動二輪の場合は21000円程度でしたので、それよりかは高くなりますが、お店で受けるよりかは遙かに安く上がります。料金の詳細は以下。
・継続検査申請書用紙代 30円
・軽自動車検査手数料 1400円
・重量税 7600円
・自動車損害賠償責任保険料(24ヶ月) 21970円
 午後はフルートを調整してもらう為に「管楽器工房 Rue」へ。かなり分かりにくい場所にありますし、マンションの一室でやっていのに外には何の表示もありませんので少し迷いましたが、部屋の前には看板がありますしチューバが置いてあったので、迷い無くチャイムを押せました。

 部屋の中は確かに「工房」という感じで、色々な物が雑然と置いてあります。流石に中の写真は撮れませんでした。長い事使っていなかったフルートなので、大幅に調整が必要だったらしいですが、タンポ等は交換しなくても大丈夫でした。しっかりと説明して頂きながら50分くらいの作業。作業をずっと見ていましたが、あれは自分では出来そうにありません。
 調整料は2000円、かなり安くして頂いたような気がします。「大幅に調整したので、またすぐにズレるかも」との事で、また年末にでも調整して貰いに行こうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。