フルート漬け

 朝からフルートアンサンブルのレッスンを聴講し、広島へ移動。フルートのレッスンを受け、フルートを調整して貰い地元に帰るという、フルート漬けの一日になりました。  フルートのレッスンは6回目、昼間にレッスンを受けたのは初めてです。
 今回は低い音を綺麗に出す為の練習とビブラートの方法を習いました。
 低い音を綺麗に出す為の練習は2拍ずつ[C5-G#4-G4-C5]という音型で、G4が最も大きな音になるよう演奏します。この音型を半音ずつ下げ、最終的に最低音のC4が出るまで続けます。初めの2つで息を使いすぎると最後まで持ちませんし、低い音もハッキリと出ません。なかなか難しいです。
 レッスン後に「管楽器工房 Rue」へ行き、フルートの調整をしてもらいました。今回は2回目の調整、11/14から1ヶ月と少し振りです。
 今回はバルブの調整と、頭部管から息漏れがあるとのことで、コルクの応急処置をしてもらいました。応急処置なのでコルクは次回辺り交換になるとのこと。頭部管の息漏れは自分でも簡単に確認できるので、息漏れが確認できたらすぐに持って行こうと思います。
 調整料は1000円、今回もとても良心的な価格です。
 地元に帰る時は雹が降っていました。太陽の光が反射し、凄い色になっていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。