しまなみ海道

 遂にローディーの聖地「しまなみ海道」を走ってきました。ルートをどうしようかずっと考えていたのですが、汗だくでフェリーに乗らなくても良いように、まずは広島からフェリーで松山まで行ってしまなみ海道を走り、そのまま広島まで帰ってくるルートを選択しました。フェリーが5:45でしたので出発は5時前、朝日が綺麗でした。

 ルートはこんな感じ、これまでで最長距離です。初めてのしまなみ海道なので下手に自分でルートを作らず、指定されたサイクリングロード通りに走りました。
時間:9:21:58 距離:227.93km 平均速度:24.38km/h

大きな地図で見る  まずは瀬戸内海汽船のフェリーで広島港から松山観光港へ。乗船時間は約2時間半、自転車込みで運賃は3920円。自転車も車と同じ場所から乗船、丁寧に固定して頂けました。船内でうどんを食べて寝てストレッチをしていたら到着、サイクルジャージだけだとエアコンが寒かったです。

 主に国道196号線を通って、しまなみ海道の入り口まで。途中で迷いながらだったのですが、2時間程度で到着。しまなみ海道は今治から尾道までずっと青いラインが引いてありますし、1km毎に目的地までの残り距離が表示されています。

 しまなみ海道を渡りきるまででユックリしていると明るい内に帰れないので、しまなみ海道はチョコチョコ写真を撮りながらも一気に移動。唯一ちゃんと休んだのは因島にある「はっさく屋」だけでした。美味しいと聞いていた通り、ここの「はっさく大福」は最高。ちょうどお腹が空いていましたし、3つも食べてしまいました。
 向島から尾道に渡る船で一緒になった地元のローディーさんによると、遅い時間になると売り切れていることも多いので予約しておくのだとか。確かにそれ位しないと無くなりそうです。

 尾道からの帰りは海沿いでは無く、距離を短縮できる内陸を通ったのですが、これがなかなか大変でした。今回通ったのは三原から竹原までの県道75号線と安浦から矢野までの県道34号線、特に安浦から黒瀬までの登りは疲れた脚には苦行でした。
 それでもなんとか太陽のある内に帰ってくることが出来ました。18時到着と考えていたのですが、実際は18時半。家を出てから13時間となかなか長丁場でしたが、1日中とても良い景色の中を走ることが出来ました。

4 件のコメント

  • しまなみお疲れさまでした、尾道からの内陸部はきつかったでしょう。自分は往路で走ったのですが、消耗しました(苦笑)  しかし、フェリーを最初に持ってくるなんて凄いな〜 年寄りには選択肢に無いですよ・・(爆)

    • 尾道からの内陸部は大変でした、本当に修行をしているような気持ちに…。
      フェリーを最初に持ってくれば後は走るだけと考えていたのですが、どこかで温泉でも入ってフェリーに乗れば良かったかもしれません^^;

  • だんだん、化け物じみてきたね(笑)
    立派に変態さんですね。。。

    もう、一緒に走ることは出来なくたってしまった。。。
    ブルベでたら?

    • いやいや、まだ自転車愛好家の一人です(笑)
      ブルベは本物の・・・が出る所だと思っているので^^;

      走りに行きましょう!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    籔

    山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。