健脚コース

 晴れ間はあるのですが、いつ雨が降り出すか分からないような天気でしたので、ロードバイクには乗らずメンテナンスをしました。あまりにチェーン周りの掃除をしていなかったので、ジャラジャラとノイズが出るよになっていましたが、チェーンとスプロケットを灯油で掃除してスッキリ。最後に注油して完了です。プロケットをUltegraに変えた6/26以降一回も掃除していなかったので、これだけ汚れているはずです。
 ちょっと日が陰る16時半頃から2回目のトレイルランへ。今回はローディーS氏を巻き込み、二人で牛田山へ登りました。やはり一人で登るよりも登りが楽しく登れましたし、後述の「健脚コース」のせいで一人だったら途中で引き返していたと思います。
時間:1:38:54 距離:11.45km 平均速度:6.95km/h 獲得標高:1238m

より大きな地図で 2012/08/15 16:21 を表示
 行ったり来たりで少し分かりにくいのですが、スタートはアストラムラインの不動院前駅。17時に東区スポーツセンター集合にしていたので、30分でちょっと予習しておこうと先ずは一人で不動院から東区スポーツセンターを結ぶコースを走ってみました。
 不動院前からは牛田山への案内が出ているので分かりやすいのですが、いきなり二手に分かれています。「清流コース」と「健脚コース」。山登りの「健脚」なら大したことないだろうとこちらを選んだのですが、これが大きな間違いでした。下の写真は「健脚コース」への入り口ですが、どこから入ったら良いか分からない程。この後も横にロープが張ってある急斜面を登るのですが、ロープを掴まないと登れない程の斜面で、とても走るどころではありませんでした。
 待ち合わせの「東区スポーツセンター」に付いたのは時間ギリギリ、この時点で脚は完全に終わっていました。「健脚コース」は二度と通りません。

 無事にS氏と合流し、案内人の籔が道を間違いながらも2回目の牛田山山頂へ。今日の山頂は虫もいませんでしたし、気持ちいい風が吹いていました。バックパックにペットボトルを入れて行ったのですが、途中で飲めないのでやはりハイドレーションバックが良さそうです。山頂に着いたときには喉がカラカラでした。
 このまま縦走していくと正面に写っている山まで行けるはずなのですが、今日はここから神田山荘の方へ引き返しました。昨日と同じルートを通ったはずなのですが、違う道に出ましたし、沢山道があって山の中はよく分かりません。

 トレイルランニング用のシューズmontrail「Men’s Rogue Racer」は走りやすくて快適です。一度滑りましたが、「健脚コース」の急な登りでもグリップしていましたし、全く問題無さそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。