朝・夕焼け

 今日も色々と見て回りましたが、朝焼けのアンコール・ワット(Angkor Wat)と夕焼けの両方を綺麗に見れたことが最も大きかったと思います。歴史に興味の有る人なら遺跡も楽しめるのでしょうが、籔は段々と飽きてきました。

大きな地図で見る
 まずは朝5時から日の出を見に再びアンコール・ワット(Angkor Wat)へ。朝は風も無く、湖に写るアンコール・ワット(Angkor Wat)をとても綺麗に見ることが出来ました。水際の一番良い場所は早くから場所取りをしているカメラで一杯、籔は三脚が無かったのでどうにかこうにか写真を撮りました。

 もう朝焼けが終わった後なので籔は離れましたが、まだまだみんな残っていました。写真に写っている7倍は朝5時から集まっています。もちろんアンコールワットの入場に必要なチケット売り場も開いていますし、観光で収入を得る気満々です。
 朝ご飯を食べてから東メボン(Eastern Mebon)やバンテアイ・スレイ(Banteay Srei)等へ行ったのですが、もうどこも同じように見えてきたので、興味は遺跡周辺に移ってきました。遺跡の周辺にお堀のある物が多いので、雨期は乾期よりも綺麗に見ることが出来そうです。

 周りは大規模な田園地帯になっており、水牛が大活躍しています。電気は夕方しか来ないらしいですし、家も高床式住宅。なかなか凄い生活です。
 少しお昼寝をして、まだ行っていなかった「プリヤ カーン(Preah Khan)」と丘の上にある「プノン バケン(Phnom Bakheng)」へ。移動は「トゥクトゥク」、125ccのスクーターで引っ張っているのでマッタリしたものですが、市内から出ると一気にスピードが出てきて面白くなります。

 少しでも目線が低い方が面白いので初めは「バイクタクシー」に乗ろうと思ったのですが、ちょうど捕まらなかったので「トゥクトゥク」にしてしみました。カンボジアの若い人は殆ど英語を話すことが出来るので、一人で移動しても特に困りません。メーターが無いので交渉次第ですが、4時間くらい走ってくれてタクシーのワンメーター程度。たまに砂埃が舞うので、サングラスは必須ですね。
 「プリヤ カーン(Preah Khan)」は少し奥にありますし、手前に有名な遺跡があるので、観光客の少ない静かな遺跡でした。かなり大きな寺院ですし、内部は迷路のようになっているので、静かだと怖い程です。

 「プノン バケン(Phnom Bakheng)」はアンコールワットのすぐ側にある丘の上にあります。トレイルランなら走って登れる程度の傾斜を10分程歩いて頂上へ、途中に何カ所か山の中へ逸れる獣道があるのですが、カンボジアだと何があるか分からないので(地雷・虫・人)怖いですね。

 朝に続いて日没も曇っていたので太陽自体は見えませんでしたが、赤道に近いので夕焼けも綺麗です。座りながら写真が撮れる場所を見つけたので、30分程度かけて夕焼けを見ていました。
 最後に「オールドマーケット」という市場周辺を物色してホテルに戻りました。色々とお店が並んでいて、服とか安く手に入りそうな感じです。昼はやる気無く寝ていたお店も、夜はしっかり商売。美容院なども夜の方が人が多いです、やはり昼間は暑いから動かないのでしょうね。
 明日は夜の飛行機に乗るので、観光したらそのまま空港へ行きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。