江田島サイクリング

 広島にいるのに行っていなかった場所「江田島」へ始めて走りに行ってきました。江田島は交通量も少ないですし、登りも平坦も走れるので良いトレーニングが出来る環境でした。往復ともフェリーで行ったのですが、行きは宇品から切串へ、帰りは三高から宇品へ帰ってきました。
時間:3:20:23 距離:67.93km 平均速度:20.34km/h 獲得標高:1070m

より大きな地図で 2012/10/10 8:35 を表示
 行きは9:15出発のフェリーで切串へ、籔の他にはTREKのロードバイクが一台だけでした。約30分で切串に着くので、ちょっとストレッチをしていたら到着。普段ロードバイクでフェリーに乗らないので、なんだか変な感じがします。

 なるべく坂道が多い所を走ろうと決めていたので、県道297号線を通って古鷹山への「古鷹林道幸ノ浦ルート」へ。初めの県道297号線は走り始めですしキツイですが、その後はスムーズに走って行けます。

 特に休憩する所も無いので、そのまま「しびれ峠」へ。名前からして大変な峠かと思っていたのですが、ここはあっけなく到着。「しびれるほど良い景色」が名前の由来らしく、呉方面を見ることが出来ます。

 この辺りでお腹が空いてきたので、お昼ご飯に「海辺の新鮮市場」へ。自由に選べるお刺身と三種類の炊き込みご飯と味噌汁(あら炊き?)で850円、お腹いっぱいになるのでここは良いですね。江田島は自転車を推奨しているので、要所要所にバイクスタンドが置いてあってロードバイクを停めやすいです。

 ちょっとユックリしてしまったので時間が無くなり、行こうと思っていた「陀峯山(だぼうざん)」へは行かず、「真道山(しんどうやま)」へ登ることに決定。「江田島市サイクリングマップ」だと平均斜度2%となっているのですが、実際に走るとかなりキツク、ルートラボで調べてみると平均斜度は9.2%でした。「9.2」の「9.」が抜けたのでしょうね。

 三高港からのフェリーはあまり便が無いので乗る予定の12:40の便を逃すと1時間40分待たないといけないので、「真道山」をぐるっと一周すると三高港へ向けて平地を飛ばします。切符も無事に購入出来、フェリーに乗り込んだら出港。今回は船のロープでロードバイクが倒れないようにしてくれました。

 今回は行きのフェリー乗り場でチケットを買う時に「せとうちサイクルーズPASS」という物に申し込んだので、往復とも自転車の運賃は無料になりました。江田島市サイクリングマップも役に立ちましたし、良いですね江田島。まだ走っていない所があるので、また走りに来ようと思います。
 トレーニングは脚と上腕三頭筋、上腕二頭筋。
 今日は江田島を走った後でしたので脚は全く動かず、いつもより2段階程度重量を落とすことになりました。それでも今日は疲れているにしてはしっかりと粘ってトレーニング出来たので、この調子でトレーニングしていきます。
Leg Extension 41*6 36*7 32*7 27.5*6
Leg Curl 45.5*7 41*7 36*9,7
Leg Press 120*7 110*8 100*9,7 Push Down 35*7 30*7 25*7 20*9,7
Barbell Extension 20*8,7 Barbell Curl 25*8,6 20*7,6
Arm Curl 14*9,7 12*8

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。