Xtenex

 昨日一昨日とロードバイクで足が攣りそうになった原因ですが、今日になってもハムストリングスの張りが取れていなかったので、どうも乗車姿勢が怪しそうです。
 前傾するにはハムストリングスの柔軟性が不可欠なのですが、限界以上に前傾すると常に前屈をしている状態になり、ハムストリングスに大きなストレスがかかってしまいます。これが怪しそうなので、脚の裏側の柔軟とサドル高を少し下げてみることで様子を見てみようと思います。まだまだ身体が硬い証拠ですね。
 「デュアスロンヒロシマ」用に購入した靴紐「Xtenex(エクステネクス)」をシューズに付けてみました。デュアスロンはラン→バイク→ランと、ランニングシューズを脱ぐ・履くという両方のトランジットが有るので、何か良い案は無いかと「Run+」で相談すると、これを紹介して頂きました。北京オリンピックのトライアスロンで金メダルを取った「Jan Frodeno」も使用していたようですし、トライアスロンではトランジットが短くなるので人気があるようです。

 ASICSの「TARTHERBLITZ 2(ターサーブリッツ2) 25cm」には75cmの「Xtenex」がちょうどでした。色はRed。伸縮性の「Xtenex」を引っ張って伸ばしながらシューズに装着していきます。難しいというレビューもありましたが、きちんと引っ張りながら装着すれば大丈夫でした。通常の状態が奥、引っ張ると普通の靴紐のような形になります。

 試しに少し走っただけですが、「Xtenex」の張り具合で締め付けの調整も調整出来ますし、走っていて脱げそうな感覚はありません。むしろ、普通の紐よりも均一に締め付けられるので、走りやすい気さえします。競技中の着替えをなるべく短くする必要のあるトライアスロンや、籔のように靴の紐を結ぶのが面倒な面倒くさがりには最適な商品だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。