フラット走法・ナンバ走法講習会

 Run+の「フラット走法・ナンバ走法講習会」に参加してきました。トライアスロン雑誌「LUMINA」等でもフォアフットランなど、これまでとは違う走り方が特集されてきていますし、何か良いことがあるのかと参加してみることにしました。受講者は籔を含めて3人で1時間半の講習。これまでで最も少なかったようですが、少ない方が受けやすくて良いですね。
 重力の力を利用して前へと考えていたら自然と出来そうな気はしますが、初めの内は慣れないので難しいです。籔の場合、スピードを上げないと前傾姿勢を保てないので、ユックリだと駄目でした。ただ、ブレーキなりそうなものが無いのでロスは少ないかなという印象。ちょっと練習してみようと思います。  帰りは饒津神社の方から牛田山を走って帰りました。二葉山から走り始めることは少ないので、なんだか新鮮。特に饒津神社の入り口から入るのは初めてです、下りだと滑りやすくて怖いルートなのですが、登りだと少し傾斜が急なだけで走りやすいルートでした。

 平均速度も前回より上がっていますし、体感的にも登りで粘れたように感じました。今回は2回目、登りは回数をこなしていけばすぐに回復しそうです。
時間:1:02:50 距離:6.88km 平均速度:6.57km/h 獲得標高:416m

より大きな地図で 2012/11/18 11:10 を表示
 東照宮から階段を登るよりも楽に二葉山山頂へ。日曜日のお昼前でしたので、全ルートを通じて沢山の人が歩いていました。小学生くらいの子供とお父さんという組み合わせを4組見たのですが、流行っているのでしょうか?

 尾長山から先は尾根を走るので、今日教えてもらったフラット走法・ナンバ走法を実践しながら走りました。これまで上腕が筋肉痛になることはあったのですが、今日は広背筋が筋肉痛。筋肉痛の場所が変わったので、走り方にも変化があったのでしょう。身体の中心部に近い位置に変わっているので、良い兆候です。
 最後は神田山荘の方へ下りたのですが、ここが最も綺麗に紅葉を見ることが出来ました。今日は雨上がりだったからか分かりませんが、スズメバチをよく見かけました。もう活性も下がっていると思っていたのですが、まだ注意が必要なようです。
 Run+に注文していたUltimate Directionの「GEL FLASK BIKE HOLSTER」がちょうど入荷していたので、帰りにさっそく試してみました。フラスクをバイクやザックに固定出来るので、来年のトライアスロンに向けての準備です。初めの内はホルスターからフラスクを引き抜くのが固いので戸惑いますが、少し使っていると簡単に使えそうです。フラスクを常に逆さまにしておくことが出来るのですぐにジェルを飲むことが出来ますし、それなりに便利そうです。
 広島では今日から3日間、胡子大祭(えびす講)というお祭りをしているので少し覗いてみたのですが、案の定頭が痛くなってしまい、帰って寝込みました。やはり人の多い所に行くと、すぐに頭が痛くなってしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。