弥山トレイルラン

 遂に宮島の弥山でトレイルランをしてきました。今回は四宮ルートで弥山へ登り、多宝塔ルートで下りました。地図だと港から時計回りに回ったことになります。どちらのルートもあまりメジャーなルートではありませんので石段など無く人もいない(籔は両ルートとも誰ともすれ違いませんでした)ので、トレイルランをするなら最高のルートだと思います。ただ、どちらもかなりキツイですし、普段山に入らない人が登るとルートが分からなくなりそう(特に多宝塔ルート)ですので、そういった方でどうしてもこのルートを登りたい方は気を付けて。声をかけて貰えればご案内します。
時間:1:41:45 距離:8.76km 平均速度:5.17km/h 獲得標高:696m

より大きな地図で 2012/11/22 11:45 を表示  紅葉シーズンの宮島は人が多いだろうと、わざわざ平日を選んで来たのですが、連休前だからか今日も凄い人出でした。広島から宮島へ向かうJRは満席、宮島口から宮島へ渡るフェリーも混み混み、紅葉谷公園までも凄い人と、四之宮ルートの登山口へ辿り着くまでが大変でした。

 四宮ルートへは紅葉谷公園にある茶屋「もみじ荘」の向かい側辺りから入っていきます。看板や赤テープ等は無い登山口ですが、よく見るとしっかりとした踏み後があるので分かると思います。取り付きは急な登りになっているので、心拍数が急上昇します。

 弥山山頂への最短ルートらしく、途中は急な登りと緩やかな登りしか有りません。標高535mの弥山山頂までひたすら登っていきます。下の写真2枚は緩やかな登り、尾根を走るので明るいです。急な登りは必死なので写真を撮れませんでしたが、全体の1/3も走れれば良い感じでしょうか?

 四宮ルートの良い所は弥山山頂まで一気に出る所、紅葉谷公園から弥山山頂まで35分でした。ループウェイで登ってきた人などとすれ違うことが無いので、変にスピードを落としたりしなくても良いです。暖かかったですし、山頂ではお昼ご飯を食べている登山者が沢山、穴子弁当が人気でした。

 弥山山頂から駒ヶ林までは良く整備された登山道、歩いている人が多いのでユックリ走って15分程度で到着。大きな岩の上に出るので、こちらの方が弥山山頂よりも気持ちが良い。こちらもお弁当を食べている人が沢山いました。

 ここからの下りが多宝塔ルート、これからが今日のメインでした。籔にはルートが分かり難かったので、ちょっと探りながらの下山。こちらのルートも石段など無く、完全にトレイル。途中で木を越えたりくぐったり、羊葉の中を進んだりと、なかなか大変です。

 多宝塔ルートという名前通り、登山道から下りた所が多宝塔でした。駒ヶ林からここまで20分程度だったのですが、道が険しかったですし分かり難かったのでとても長く感じました。ここからは鳥居も見ることが出来ます。

 すぐ側に大元公園があるのですが、ここにあった紅葉がとても綺麗な色をしていました。紅葉谷公園は随分と散っていたので、紅葉を見に来るならこちらですね。

 最後に「国民宿舎みやじま杜の宿」お風呂に入って汗を流して帰りました。ここからフェリー乗り場までも走るので、また汗をかくのですが、山での汗を流せてスッキリ。日帰り入浴500円、浴槽は1つしか有りませんが、綺麗でしたし人がおらず貸し切りでした。
 今回走った四宮ルートと多宝塔ルートの他にも、良く整備されている道として紅葉谷ルート、大聖院ルート、大元ルートがあります。下の写真にはあと一つ「博奕尾ルート」という完全トレイルのルートがあるので、次回はここを走ってみようと思います。距離が長い分、勾配がきつく無さそうで楽しみです。右側は今回の高低表、登るか下るかと単純な形です。
 夜はストレッチとクリーンの練習をしにジムへ。合計100レップ以上はクリーンの練習をして、随分と感覚を掴めてきました。上半身はあまり疲れていなかったのでベンチプレスの最大重量に挑戦したのですが、95kgが2レップ上がっただけで97.5kgは上がりませんでした。今度は疲れていない内に97.5kgから挑戦します。
Clean High Pull over100rep
Bench Press 60*10 80*7 90*3 95*2 97.5*0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。