STIレバー位置調整

 昨日の「ヒロシマデュアスロン2012」の影響が体中に出ています。バイクの8割程度は下ハンドルを持っていたので腰の辺りが痛かったり、膝が痛かったり。不思議と筋肉痛は殆どありません。たった2時間の運動でしたが、やはりレースというのは通常とは比べものにならない負荷が身体にかかるのでしょうね。出るまでが大変ですが、とても良いトレーニングになります。
 昨日使い物にならなかったPowerBarのジェルフラスクをチェック、インターネットでのレビューもあまり良くないようです。中身は出てきませんし、キャップの黒い部分(使用中は外れない)が外れたりと散々でした。
 Hydrapakの「Soft Flask」が良いようなので、次回はこれを使ってみようと思っています。もちろん、先に試してからですね。
 今日は昨日の疲れを抜く為に少し散歩しただけ。お昼には雨も上がったのですが、たまにパラッと来たりと不安定な天気でした。膝も少し痛いだけなので通常通り走ることも出来ますが、今日は様子見です。
 夜になってからバイクを見てみると、どうも右側のSTIレバーの位置が下に下がっている事を発見。気のせいかと思ってよく見てみたのですが、確かに下がっているので調整してみることにしました。元々緩んでいたボルトが、昨日のレースで一気に動いたのでしょうか?よく下ハンドルを持っていましたし。

 右側のバーテープを剥がしてSTIの位置を上げるだけなので5mmの六角レンチだけで作業出来るのですが、左右の位置を合わせるのに苦労しました。そろそろ走行距離も4000kmになるので、色々と緩む頃なのでしょう。左側のSTIレバーもチェックしてみると、少しボルトが緩くなっていました。

 初めてSTI周りを触りましたが、なんとか自分でも作業出来そうなので、これでハンドル交換にも踏み切れそうです。とはいえ、そろそろバイクはオフに入るので来年かな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。