新ルート開拓

 朝一でアストラムラインの牛田駅から尾長山までの往復トレイルランをしてきました。ここ最近は安静時心拍数が50bpm程度まで下がることもあり、なんだか身体も良く動きます。

 今回の目的は平坦区間でのダッシュ10本と下りでピッチを上げる練習。ダッシュは20~60秒で登りに入って脚が動かなくなるまで走り続けるというものですが、牛田山に着くまでには血の味がするようになります。別に出血しているわけでは無いのですが、追い込むと血の味がするのはどうしてでしょう?
時間:1:41:24 距離:11.04km 平均速度:6.53km/h 獲得標高:587m

より大きな地図で 20121204_尾長山往復 を表示
 いつも通り牛田総合公園を通って山に入ろうとしたのですが、どうも牛田総合公園を抜けた所でいつもとは違う所から山に入れそうでしたので、試してみました。地図を見てもらうと分かりやすいですが、牛田総合公園を出た所にある公衆トイレ前の階段を像方面に上がっていくと、すぐにトレイルになります。
 ほぼ見立山山頂辺りに出るので、初めに階段を登りたくない人には良いかもしれません。籔は次回もこちらを通ろうと思います。夏は通れそうに無い様な道で、傾斜もなかなかキツイので初めての人にはお勧めしません。タイマーで写真を撮ると傾いてしまいました、10秒だと山では少し短いです。

 牛田山山頂までのダッシュでかなりヘロヘロになっていたのですが、尾長山方面から牛田山に登る人が多いので、ここからはすれ違う人に応援して貰いながら尾長山まで走りました。今日は風がとても強かったので、尾根は風が通り抜けて少し寒いほどでした。枝や葉が当たる音で沢山音が出ており、いつもと違う雰囲気が面白いです。

 流石にダッシュを含めて尾長山まで走ると限界が近かったので、牛田山までの帰りは行きにすれ違った登山者の人と話したりしながら、少しゆっくりペースで戻りました。山を走っている人を初めて見た様で、初めにすれ違った後で良いネタになっていたようです。

 牛田山山頂で水が切れたので、帰りは急いで走りました。この時期なので1Lで充分だと思ったのですが、しっかり走るならもう少し持って行かないといけない様です。牛田総合公園まで戻るとバラのような花が咲いていました。
 夜は炭水化物に鳴門金時で焼きいもをしました。素朴な味で美味しいですが、籔は甘い安納芋の方が好きです。例の如く後2本有るので、焼きいもが続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。