押入解体

 リフォーム作業第2弾「解体」の2回目。今日は押入を解体し、部屋を広げる作戦です。事前に壊し方を調べていたのですが、実際にやってみるとなかなか大変でした。写真左の状態から右の状態まで、途中で祖父に邪魔されたりしながら、掃除まで含めて1時間半かかりました。
 作業はまず物を置く板を外す作業から。下からハンマーで叩いて隙間を作り、そこにバールを入れて無理矢理引きはがしました。板が無くなると細い木が何本もあるので、それも下からハンマーで叩いて外し、太い木はノコギリで切り落としました。横の砂壁はハンマーで壁を叩き落としてから、同じように細い木から叩いていきます。
 作業自体は単純なのですが、厄介なのは砂壁。砂埃で髪が真っ白になるくらいですし、部屋も汚れるので後の片付けが大変です。最後に縦の支柱が1本残ったのですが、これは壊して良い物かどうか分からなかったのでとりあえずそのままにしてあります。

 この作業後に広島に戻ってきたので、次回の作業は少し後になります。押入を壊した部屋の床を張り、壁を塗り、キッチンを撤去する予定。とりあえずこの部屋さえ整えば、荷物を運び込むことが出来ます。  広島に戻ってから、新しく出来た「鉄人処 Tri Smile」というトライアスロンのお店へ行ってみました。広島にはこれまで無かったトライアスロン関係のお店なので、面白いアイテム等有るかと思っていたのですが、行ってみると完全にトレーニング施設でした。店内にはローラー台やバランスボールがありますが、他には特に物は無し。誰かとトレーニングしたいという人には良いかもしれませんが、籔のようにトライアスロン用品目当ての人はあまり行くことも無さそうです。
 夕方でしたのでもう日は落ちているかと思いましたが、駅前福屋のフードコートからは17時半でもまだ太陽が見えました。随分と日が長くなってきたので外で行動しやすくなりましたが、そろそろ花粉が飛び始めたので籔の外遊びシーズンは終了です。これからはスイム1本で3ヶ月過ごします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。