ゴミ捨て終了

 今日も朝から作業開始、リフォーム作業第1弾「ゴミ捨て」の3日目です。自分で出来る撤去作業は終わりました。不燃ゴミは自分で持ち込めないことが分かったので、それは業者に撤去して貰う事に決定。今日は撤去して貰う為に最も手前の部屋にゴミを全て集める作業と作業後の掃除、電気を引き込む為の下見をしました。
 2階建ての建物で、全部で8室有るので全ては載せられませんが、左が作業前で右が作業後。ほぼ全ての部屋がこのレベルまで片付きました。畳なども全て捨て、フローリングに変更する予定です。
 まずはどこまで酷いか作業前の写真撮影をし、ここに写っている物は全て移動。必要無いのに取っておいた物だらけなので、写真で見るよりも酷い状態でした。畳だけは可燃物処理場へ運んだのですが、10枚程度で190kg。3400円かかりました。畳の下には1980年の新聞が、最低でも築33年です。


 午後からは父と母が作業を手伝ってくれたので、父に朽ちている床板などを壊して貰い、母にその瓦礫の処理等をお願いしました。1階部分はタイルが貼ってあったり少し床板が張ってあったりしたのですが、全て撤去完了。コンクリートのままにしておく予定なので、後は掃除するだけです。今回は写真に写っている大きなハンマーが役に立ちました。
 電気を通わす為の作業も開始。メーターも撤去して廃止状態になっていたので、中電工に電話してメーターを設置する作業から始めなければなりません。電話すると祖父を知っているF氏が対応してくれ、とりあえず現場を見に来て下さいました。なんだかよく分かりませんが、上手いことやって下さるようなので、全てお任せです。
 田舎は何か繋がりがあるとトントン拍子に進んでいくので、都会よりも工事などのペースは速いかもしれません。これまでこういった感じが全くない生活をしていたので、新鮮で面白いです。
 最終的に集めた不燃ゴミの量も凄かったのですが、写真を撮り忘れました。自分では処理できないので「柳井コレクトサービス」に電話し、撤去して貰うことに。また明日以降、見積もって貰う予定です。ガスはもう話が通っているようですし、後は水だけ。これも申し込みしないといけません。
 写真は車で5分程度の場所にあるホームセンター。家の近くにもあるのですが、こちらの方が物が多いので、これから通うことになりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。