応急処置

 昨日・今日と電気配線の工事をして頂き、これでようやく電気関係は整いました。2/8に電気メーターの設置を依頼し、メーターが付いたのが約1ヶ月後の3/7。更に断線している箇所を調べたりして、整ったのが2週間後の今日。電気メーターの廃止手続きをすると復旧に時間もお金もかかるので、余程のことが無い限り止めておいた方が良いと思います。
 コンセントの数が足らなかったのですが、色々と付け足して貰いましたし、電気のスイッチを良い具合に直して貰いました。右側のケーブルは今回の工事で取り除いた物、これでもほんの一部だそうです。
 中電工に依頼した「電源新設工事」は振り込みまで終了。77,000円に消費税3,850円を足し、合計80,850円でした。後はこの2日間工事して貰った費用で電気関係は終了です。

 それにしても電気が完全に入ると夜でも明るいので良いですね。実際には少しずつですが、なんだか一気に作業が進んだような気がします。
 基本的に2階部分に住む予定なので、1階部分にはあまり下りていなかったのですが、建物裏側の引扉が倒れてガラスが割れているのを発見しました。見てみると下のレールが朽ち果ててしまった為に扉が外れたらしいです。レール部分は再利用できないような状態。どうしようか悩んでいますが、とりあえず板を打ち付けて応急処置しました。早い内に根本的な対策を打たなければなりません。
 2週間ぶりに泳いだからか、今日は体の裏側が筋肉痛になっています。特にカーフは痛いほどで、今日は脚のトレーニングをお休み。トライアスロンの大会まで2ヶ月半になりましたし、そろそろ有酸素運動もしなければいけない時期になってきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。