水道工事下見

 書斎天井の骨組みを解体しようと作業を始めた所に中電工のH氏から電話があり、急に水道工事の下見が入りました。河本設備工業の方も来られ、水道を使う場所(浴室・トイレ・洗面・洗濯機・台所)の場所を確認し、ボイラーの設置場所・配管の通し方を適当に確認。1階部分には水を通さないことにしたので、少しは安く上がりそうです。それでも下水管に繋ぐ工事をしないといけませんし、10万とかでは終わらないとの事でした。
 水道の開栓手続きと壊れていた止水栓の交換費用は先に請求が来たので支払い。両方で34,200円でした。
 雨で日差しが無い中1時間半は話していたので、すっかり身体が冷えてしまいました。寒いので骨組みの撤去作業は明日に延期。写真下側の骨組みを撤去し、上側の骨組みを補修して使う予定なので、成功すれば50cmは書斎の天井が高くなります。
 夜はトレーニングをしに行ったのですが、夜ご飯をお腹いっぱい食べて血が腹部に集まっていたからか、どうも集中できなかったのですぐに切り上げました。明日はパーソナルトレーニングがあるので、体調をしっかり整えて臨もうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。