宮島ジャングルトレイルラン

 今日は宮島でトレイルランをしてきました。朝9時集合でしたので道路も混んでおらず、柳井から宮島口まで40分程度で到着。大野ICを下りてから宮島口まで抜ける良いルートを見つけたので、少しだけ早く到着する事が出来ました。平日なので駐車場も空いていて快適です。
 宮島はかなり傾斜のキツい所が多く、半分以上は登山になりました。普通の人は立ち入らない「奥の院」から先は羊歯だらけ。全部で14kmしか走っていないのですが獲得標高は1145m、約4時間かかりました。もっと先の岩船岳の方は更に凄いのでしょう。今回は一人で行くと遭難しそうな奥の方にも行きましたし、実際に遭難している人も出ているような危ないルートなのでアップはしません。気になる方は一緒に行きましょう。

 「ベアフットランニングの集まりの試走」と聞いていたのでビブラムで行ったのですが、これが大失敗。宮島は土が浮いているところが多いので登りも下りも滑り、最初の登りを登っただけで脚の筋肉が悲鳴をあげていました。足下が滑ると力が逃げて全くペースが上がりませんし、良い脚の筋トレになりましたが、少し待って貰った所も有ってご迷惑をお掛けしました。もうビブラムで宮島には行きません。
 今回は5人で行ったので、何枚か籔の写真も撮って貰えていました。頂いたおむすびやバナナ、サイダー等、とても美味しかったです。これまで山ではバナナしか食べた事有りませんでしたが、風が抜けるところでユックリご飯を食べるのも良いですね。右下の写真でパンツの色が濃くなっているのは汗、全身汗だくでした。

 注文していた「信越五岳トレイルランニングレース」の写真がようやく届きました。レインジャケットを着ている写真が最も楽しく走れた区間なのですが、どうも目を閉じてしまっています。次の大会ではしっかり目を開けて写真に写るようにしようと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。