炎天下ランニング

 すっかりと晴れて暑いくらいの晴天になりました。ただ、真夏の暑さとは全く違い、外に立っているだけで汗が出てくるという事は無くなりました。来週末に迫った「信越五岳トレイルラン」では、晴れていれば3Aから先の川沿い(10km)は日差しを遮る物が無く、とても暑くなるようですので、暑さ対策のトレーニングをしてきました。
 柳井から日積・伊陸とまわる20kmを、ほぼ日陰に入らずに走り通したのですが、15km頃から段々とフラフラし始めて、最後は何とか走っているといった感じ。本番では40km走った後に出てくる区間なので、10kmでも大変でしょう。

 今日は「果子乃季」にある水スポットも断水しておらず、頭から冷たい水を被ることが出来ました。暑い時に冷たい水は嬉しいですね、脚も身体も濡らし、なんだか場違いな人でした。
 日差し対策として、首の後ろを日差しから守れるSalomon「XA+CAP II」を使ってみました。これが効果あったか分からないのですが、確かに首の後ろは暑くならなかったので違いがあるのでしょう。後ろの布は取り外すことも出来ますし、本番で晴れていたら日中はこれを使おうと思います。
 今日もランニング中に英語の恩師と出会いました。3日前に出会った先生とは別の先生ですが、どうも今は英語の先生に縁があるようです。昔からとても綺麗な言葉遣いをされていましたが、今も変わらずにとても綺麗な言葉を使われていました。籔も出来るだけ綺麗な言葉を使おうとしていますが、なかなか先生の様には話せません。  「愛情点検」から戻ってきたAladdinのブルーフレーム、ちゃんと使えるか確認する為に灯油を入れようとしてみたのですが、給油口が小さく、自動停止装置付きの電動ポンプが使えませんでした。給油しようとすると溢れる状態なので、昔ながらのシュポシュポする赤いポンプを買ってこないと給油できないようです。
 今日のルートは柳井カントリー倶楽部の周りをグルッと回るコース。登り下りもちょうど良くて、走っていて楽しいコースでした。ただ、この時期に20kmも炎天下を走るのはキツイですね。夜になっても身体が熱を持っていて、少し頭が痛いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。