南周防大橋ランニング

 1ヶ月ちょと振りにパーソナルトレーニング(ストレッチ)を受けました。「OSJ氷ノ山山系トレイルレース」以降、足首が痛くなったり風邪をひいたりしていたので全く受けられず、ようやくしっかりストレッチ出来たという感じです。1ヶ月振りなのでとても固くなっているかと思っていたのですが、思っていた程では無くて助かりました。自分でも少しはストレッチをしていた成果が出ていたようです。
 夜は久し振りに少し距離の長いランニング、田布施町にある「南周防大橋」までの往復15kmです。寒くなってきたのでジャケットを着用して出発したのですが、少し暑く感じた時も有ったものの、前を開けて調整すれば良い程度で済んだので、着ていって正解でした。南周防大橋に着いた辺りでお腹が痛くなったので横にあるコンビニに避難したのですが、それ以外は快適。15.5kmを1時間20分、最後まで気持ちよく走れました。
 何の音沙汰も無く出場できるか不安だった、香港であるトレイルランレース「HK168」ですが、ようやく事務局が動き始めたらしく、しっかりと連絡が取れるようになりました。とりあえず香港に到着するレース前日にゼッケンなどを受け取れる事になりましたし、高低表やエイドでの食べ物などもHPにアップされていました。最初の登りがキツイだけで、後はあまり大した事無さそうです。最も高いところで標高800m程度。このルート図が正確だと距離84km、獲得標高3,000mのレースになりそうです。信越五岳トレイルランの時に籔は92.3km走って獲得標高4,100mでしたので、少し距離が短くなった感じと思っていて良さそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。