琴石山ナイトトレイルラン

 新年へ向けて今日の仕事は福袋の作成。籔が子供の頃の福袋はしっかりと封がされて中が見えない物が多く、本当に「福」が入っているのかという物ばかりでしたが、最近は中身を見て買える物が多いですね。中身が見られない代表は「Apple」でしょうか?
 今日からプールがお休みですし、お昼は外に出られなかったので、仕事が終わってから琴石山へトレイルランに行きました。しっかりとライト2灯、その他安全装備を背負って金剛寺からスタート。初めはお寺の中の山道を抜けていくのですが、道の両側に墓や地蔵が立っているので不気味です。山の中で一番不気味な物は人工物、暗い中に建物が建っていたりすると籔は怖く感じます。

 シューズはVibram「KSO」で来たのですが、落ち葉がフカフカしているのでとても走りやすいトレイルになっていました。チョコチョコ落ち葉で滑る場所もあったので、いい体幹のトレーニングにもなります。ライトで照らされる範囲以外は真っ暗な中を走るので、ひたすら前に進んでいく感じです。

 金剛寺から琴石山山頂までは暗い中をユックリ走って1時間10分。昼間だと1時間位で着いているので、大体こんなものですね。山口県で初日の出を見ようと思うと日の出は7:20なので、6時頃に走り始めると良さそうです。

 柳井市の夜景も見えたのですが、こちらは素朴な魅力でした。走っていると山の中は暖かいのですが、山頂など風が抜けるところに停まっていると寒いので、写真を撮るとサッサと下山。同じルートで帰ろうかと思っていたのですが、柳井港側に下りてみました。

 琴石山をグルッと一周11km、ちょうど楽しく走れるくらいのトレーニングコースです。年末年始の間にもう一度走りに来ようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。