嵩山でジャンプ

 次回のランイベントの下見をするべく、周防大島の「嵩山」へ行ってきました。久賀の「ふれあい館」という所に車を駐め、ここから走って山頂まで登っていこうとしたのですが、なんとシューズを忘れていました。流石に「ベアフット籔」になるには寒い季節ですし、今回は諦めて車で山頂へ。この後、シューズを忘れた自分に感謝することになります。

 「嵩山」山頂にはパラグライダーの発射場があり、北方面に海があって逆光になら無いので眺めがとても良いです。セルフタイマを10秒にセットして写真を撮ったのですが、音楽をしていたので音が聞こえなくても10秒程度ならタイミングを外さずに写ることが出来ました。「あ、役に立ったな」と実体験する瞬間です。
 ランでのヒルクライム練習コースには傾斜がキツ過ぎて、余程気合いを入れて走らないと途中で心が折れてしまいそうです。少し筋肉痛が残っている今日の状態で走っていたら、山頂まで行く前に引き返していたでしょう。やはりここはトレイルで文珠山から縦走していく方が良さそうです。
 スイムは15回目。今日は日曜日だったので泳いでいる人が多く、同じコースにもう一人泳いでいる人がいましたが、有る程度スピードが出るプルのトレーニングまでには一人で泳げるようになりました。
 最後は少し長めのダッシュをしてみたのですが、2本目は途中で時間切れ。プールの休憩時間になってしまったので、ダウンも出来ずに終わってしまいました。
アップ 500m
キック 300m(50m dash, 2’30cycle, 6set)
プル 500m(50m dash, 1’10cycle, 10set)
ダッシュ 300m, 200m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。