古墳ラン

 「第22回 比婆山国際スカイラン」の疲れも随分と回復してきたので、今日は久し振りに朝ランニングに出ました。少しは登りが欲しかったので目的地は「柳井茶臼山古墳」、これまで夜にしか来たことが有りませんでしたが、朝来てみると柳井の街をとても綺麗に見ることが出来ました。あまり詳しく知らなかったのですが、どうも4世紀に作られた前方後円墳のようです。

 距離は6.5kmで40分程度のラン、標高は70m上がります。右膝の裏に少し違和感はありますが、走れないほどではありませんし、様子を見ながら少しずつ走っていくしか無さそうです。トライアスロンはロードなので、コンクリートを走る練習もしないといけませんし。
 久し振りに歯科へ行き、歯石の除去をしてもらいました。歯科衛生士さんが歯石の除去に行っていると聞いたので大字柳井にある「なかはら歯科医院」を選択。とてもテキパキと歯石除去をして頂き、快適でした。どうやら少しだけ虫歯が出来ていたようなので、少しの間通うことになりそうです。
 夜は新たに作った壁の奥に電灯を設置する作業をしました。モーターバイクかロードバイクの車庫になる部屋ですので、わざわざライトを付けたり消したりしなくても良いように、センサー式のライトを設置しました。反対側は何も板を打ち付けていないので、骨組みが向きだし。何か不都合があれば変えますが、無ければこのままです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。