脱水症状レポート

 今日もとても良い天気で昨日走った琴石山の辺りが綺麗に見えました。脚の筋肉も少し張っているのですが、筋肉痛が酷いのは背中や肩。「CCC」を想定したトレーニングとして、最近のトレイルランは3〜4kgの荷物を背負って走っているのですが、それだけの重さが有ると支えるのも大変なようです。本番はこれが100km、早く重さに慣れなければ。
 昨日よく走ったので今日はトレーニングお休み、仕事のイベントも終わったので事務作業などをしていました。体が休められて良いですが、あまり休めすぎると鈍るので明日からはまたトレーニングをしようと思います。ダイエットを始めて体重は5kg落ちたところで停滞中、昨日はよく走りましたしハンガーノックにもなったのですが、体重は変わりませんでした。「富士登山競走」までに後3kgは減らしたいところです。
 そういえば、昨日走っている時に脱水症状が起こっていると気付いたのは、手など末端のしびれと残尿感からでした。尿が濃い黄色で量が極端に少なくなるのに残尿感は残るという、これまでに経験の無い状態になり、脱水症状だろうと思い始めました。
 徐々にあまり使っていないはずの前腕などが攣りそうになってきましたし、脱水症状は怖いですね。電解質を補給するサプリは30分毎に補給していましたし、水分も40kmで4L近く補給。何が原因で脱水症状になったのか分かりませんが、思い当たることといえばハンガーノックくらい。レース中だと確実にDNFでしたので、練習中で助かりました。
 腎臓にダメージが有るかなと思っていましたが、残尿感は寝ると回復。大量に水分や電解質を摂取しましたし、もう大丈夫でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。