弥山トレイルセッション

 「裸足ランニングクラブ広島」のイベント「初夏の宮島 弥山トレイルセッション」に参加させて頂き、宮島でトレイルランをしてきました。久し振りに21人という大人数でのトレイルラン、速い人ばかりなのでとても刺激を貰えました。

 コースは博奕尾ルートで弥山山頂へ登り、大聖院ルートで下りてくるというもの。約9kmの道のりです。本当は更に奥へ行く予定だったのですが、雨が降ってきたので奥へは進まずに下山しました。距離的には短かったのですが、宮島の急な登りを登ることが出来ましたし、綺麗な景色や航行中の潜水艦などを山の上から見ることが出来ました。開けた尾根沿いを登っていくのは暑いですが、景色が良くて最高です。

 下山後は「国民宿舎みやじま杜の宿」の大浴場で汗を流しました。料金は500円。浴槽は1つしか有りませんが、走っている間の荷物を預かって貰えましたし、綺麗なので嬉しいです。走り終わったところでは宮島らしく鹿の歓迎がありました。
 帰りにセールをしていると聞いた「アシーズブリッジ広島店」へ寄道。ここのお店に来るのは初めて、それなりに装備が有って良いですね。TNFの「エンデュランスベルト」が良さそうだったのですが、ウェストベルトにしては重いかなと。まだ富士登山競走の時の装備を決めきれずにいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。