川下り

 「アミノバリューランニングクラブ in 山口」の練習会で鹿野にある石船温泉へ行ってきました。8時半集合だと思っていたので7時に柳井を出発したのですが、本当は9時半集合だったらしく、かなり時間が空いてしまいました。ぼーっと待っていても仕方が無いので、同じように早く来た4人で練習の前に6.5kmの自主練。練習会のルートとは反対側へ往復、この時点では日差しが無くてとても走りやすかったです。
 クラブの練習はロードを15km。行きは緩い登り、帰りは緩い下りという往復コースを走りました。自主練と合わせると21km、普段はロードをこんなに長く・速く走ることがないので、とても良い練習になりました。やはり誰かに追い付きたいとか目標があると自分に負荷をかけることが出来ます。たまには必要ですね。
 スタート直後は曇っていたのですが、段々と晴れてきて暑いほどでしたので、籔はゴール前500mで横を流れている川へ避難し、最後は川下りをしながらゴールしました。流れの速い部分は川下り、緩やかな部分は平泳ぎで楽しく下ったのですが、いざ川から上がり車の荷物を取ろうとすると、鍵が無い。ジップロックで防水してザック後ろのポケットに入れておいたのですが、川で遊んでいる内に落ちてしまったようです。見付からないかなと思いながら大急ぎで川へ探しに戻ると、ちょうど上流から流れてくるジップロックを発見。間一髪でカギを無くさずに済みました。
 ランニング後に川で遊ぶ時は「大切な物をチャックが閉まる所に入れる」、「ジップロックで浮くようにする」という2点が大切だと再確認しました。まさか見付かるとはという感じでしたので、少しジップロックのファンになりました。