なんとか完走

なんとか完走
 遂に「CCC(UTMB)」を走ってきました。結果は26時間23分27秒で何とか完走、20時間以内での完走を目指していたので結果に満足はしていないのですが、元気に最後まで走り切れて良かったです。シャモニー市内に戻ってからはゴールゲートまでもの凄い応援が続きました。太股が痛くてほとんど走れない状態だったのですが、なんとか最後まで走ってゴールです。
 イタリア・スイス・フランスにまたがるモンブランの周りがレースの舞台、大きなものだけで5つの山を越えたのですが、どの山も傾斜が急で「そろそろ頂上だろう」と思ってから倍は登る感じ。今までは「丘」に登っていて、こういうのが「山」なのだなと、認識を新たにしました。標高2,500m以上の山にも初めて歩いて登ることが出来ました。
 日本人の参加者は2.5%しかいなかったので、あまり喋れずにレース中は暇かなと思っていたのですが、色々な国の人と話せて楽しかったです。大変なレースなので選手同士も助け合い。スタート地点へ移動するバス停まで移動するバスを待っていると香港人が車で連れて行ってくれたり、フランス人がエイドで使うと素敵な事が起こる言葉を教えてくれたりと、いつものレース中とは違ったコミュニケーションを取ることが出来ました。片言の英語でも大丈夫でしたが、フランス人が半分程度を占めていますし、応援への返答や挨拶など、少しフランス語が出来ると更に楽しめたかなと思いました。
 靴下は新品で走ったのですが、左足の拇指球部分は薄くなって破れそうでした。武田レッグウェアーの「TRR-120G(M)」は薄くて好きなのですが、これ以上の距離だと無理そうです。ただ、足にトラブルは無し。左足の踵側面に小さな水ぶくれが出来ていただけで、爪や足の裏にトラブルは有りませんでした。持って行った道具も緊急用を除いて全て使いましたし、大会が指定していた必携装備は本当に必要でした。
 何だかんだで36時間程度寝ていなかったので、ホテルに戻ってお風呂に入るといつの間にか就寝。途中で一度起きましたが、12時間程度寝ました。レース中はジェルをメインに補給しており、あまり固形物を食べていなったので、お腹が空いて目が覚めたのですが、真夜中で何も食べる物が有りません。こういう時は日本って夜中でもご飯が食べられて良い国だなと思います。
 今日の夕方には帰国の飛行機に乗るので、また移動しながらレースレポートを書こうと思います。

未分類カテゴリの最新記事