雪が無い

 2回目のスキーをしに「ユートピアサイオト」へ行きました。前回は4時に柳井の家を出発して、オープンまで時間が余ってしまったので、今回は1時間遅く5時出発にしてみました。やはり一時間半程度で到着したので、ノンビリと準備をしてオープンを待ちます。8時オープンと共にリフトへ、早い時間はベテランらしきスキーヤーとアルペンのスノーボーダーしかおらず、みんな速くてしっかり避けてくれるので安心です。
 1週間前に来た時は紅葉が綺麗だったのですが、もうスッカリ散って殺風景なリフト周りになっていました。今回はリフトが一人なので、このじっと座っている時間は暇ですね。週に5回滑りに来ているという人は、リフトが速いので普段は「瑞穂ハイランド」で滑ると言っていました。確かにその気持ちは分かります。
 オープンから1時間程度は滑っている人も少なく、雪もガリガリしていて快適に滑ることが出来ました。昨日は雪が解けて営業できなかったらしく、今日もコースがとても狭くなっている区間がありました。今回が2回目だったのでコースアウトせずに済みましたが、1回目だったら確実に飛び出ていたと思います。初心者らしきスノーボーダーが沢山コースアウトしていました。

 8時から2時間滑ってお昼(朝?)休憩を30分し、そこから一時間半滑って終了。今回は脛や脹ら脛の筋肉では無く太股が疲れてきましたし、気温が上がって地面が露出しているところが増え、避けきれなくなってきました。今の技術だと2時間を2セット、21滑りで限界ですが、前回よりも少しは思い通りに滑ることが出来ました。データ的にも平均速度が上がっていますし、コースの途中で休憩しなくても下まで余裕を持って滑れるようになりました。
 今回、少しだけ滑れるようになったのは8時のリフトで上がっていったスノーボーダーが滑っているのを見て、「抜重」する必要があることに気付いたから。そういえば前回はずっと「加重」することしか考えていませんでした。物が違っても上手な人を見るのは勉強になります。このお陰か、今回は一度も転けずに滑ることが出来ました。
 スキーの洗い場を見付けたので、帰りにここで板を洗って帰りました。家に帰ってからの作業が一つ減って、少し楽になりました。再来週はちょっと忙しくなりそうなので、来週中にもう一度滑りに来れたらなと思います。
 帰りは今回も加計の「鯛焼屋よしお」で鯛焼きを食べて帰りました。いつ来ても美味しいって素晴らしいです。

未分類, ski

Posted by