スキースクール受講

 今日は4回目のスキー。朝5時出発で「大佐スキー場」目指して出発しました。前2日間の大雪で道路にも雪が残っているだろう、気温が低くて凍っているだろうと思って早く出発したのですが、道路はしっかりと除雪されていて、柳井から2時間かからずに到着しました。もちろん路面はガリガリ、滑らないよう慎重に運転しました。
 大佐スキー場に到着しても、オープンまで1時間あったのでブラブラしたりスキー場の人と話していると、今日はスキースクールが出来ないとの事でした。今日の目的はスキースクールでしたので、大急ぎで隣の「芸北国際スキー場」へ移動。平日にスクールを受講する時は事前に予約なり確認なりをしないと駄目ですね、勉強になりました。時間が早かったので、スクールの受付がある国際エリアまで移動してきても一番乗りです。
 今日は雪質や天候など全てが完璧だったらしく、係の人皆さん「最高だ!」を連発。初心者の籔は滑りやすいという事しか分かりませんでしたが、最高のコンディションだったようです。ただ、朝8時の気温はマイナス7℃。リフトに乗ると急に身体が冷えてきます。
 1時間半くらいで10本滑り、スクールの開始。他に受講者がおらず、マンツーマンでの指導でした。芸北国際スキースクールのF氏、丁寧に説明して下さるので自分が何をしたら良いか分かりやすかったです。横滑り、谷スキーの圧力を強めるという事がメインの講習、先ずはパラレルターンを目指すようです。
 レッスンが終わると今度は「おーひらエリア」へシャトルバスで移動し、これまで1回に滑ったことのある距離の倍以上のゲレンデを滑りました。標高が高いので眺め抜群、リフトも速度が速いので長く感じません。人もそれなりに滑っているのでしょうが、コースが沢山あって広いので全く邪魔になりませんでした。

 とりあえず滑走可能になっているコースは全て滑るつもりで開始。斜度の急なコースもユックリでなら転けずに滑れたのですが、下の写真のようにあまり圧雪されていない所は全く思い通りに滑れません。スピードが足りないのかと思い、スピードを出してみると全く制御できませんし、まだ初心者が来る所では無いのでしょうね。生き急いだ気がします。4本滑った内の後半2本が下の写真のようなコースで、完全に脚が終わってしまいました。
 4回目のスキーはマンツーマンのレッスンも受けれて、まだまだ滑れないコースが沢山有るという事が分かって大満足。今年度中に少しくらい荒れているコースもスムーズに滑れるように成れると良いのですが。来週はトレイルランのイベントを開催するのでスキーはお休み、再来週にもう一度レッスンを受けられたらなと思っています。
 そういえば初めて雪道で役に立ったスタッドレスタイヤのINTERSTATE「ウインターIWT-30 205/55-16 91T」。ダンロップなどの半額以下という低価格スタッドレスタイヤですが、凍っているところも雪も十分にグリップしていたと思います。籔は全く不満有りません。