ゆう音楽祭

 「第11回記念ゆう音楽祭」に出演し、第2部の吹奏楽でウィリアム・H・ヒル「セイント・アンソニー・ヴァリエーションズ」とヨハン・シュトラウス2世「トリッチ・トラッチ・ポルカ」の2曲と、第3部のオーケストラでF.エロール「歌劇『ザンパ』序曲」の合計3曲を演奏してきました。
 本番直前のゲネプロまでバタバタとしていたのですが、本番は何とか無事に終えることが出来ました。お客さんがいることを忘れそうになる程に楽譜を見ていた演奏も久し振り。無事に終わってホッとしています。
 燕尾服を着る機会も有りませんし、随分と久し振りにボウタイをしました。曲がっていないかとても気になるボウタイですが、今回はステージに出る前に曲がっていないか気にする余裕も無かったようです。
 夜は「ゆう温泉」で行われた打上にも参加させて頂きました。少し時間が有ったので、先に温泉で汗を流してからの参加。山の中にあるのですが、意外と人が多いです。吹奏楽団にも誘って頂いたのですが、参加出来ない期間が長過ぎるのでちょっと無理そうです。もう少ししたらトライアスロンシーズンが始まります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。