宮島一周

宮島一周
 昨日は宮島の海岸沿いをぐるっと一周するラン&トレイルランイベントを開催しました。ちょうどこの日は「はつかいち縦断みやじま国際パワートライアスロン大会」が開催されたので、そのスタート時間の8時に合わせてフェリーに乗ったのですが、どうやらスタート時間が遅れたようで、浜に待機している所がフェリーから見えました。
 今回のルートは宮島の海沿いを一周。広島県山岳連盟の会報誌「もみじ133号(2014/10/20発行)」で宮島の西側をグルッと回れるトレイル「宮島西部浦々めぐりの道」が整備されていることを知り、舗装路と合わせると宮島を一周できるだろうと思ったことが切欠。赤テープや分かりやすいルート案内などもあるのですが、ルートを探しながら進まなければならなかったので、とても大変でした。なんとか一周する事が出来て良かったです。
もみじ133号
 今回はフェリー乗り場から時計回りに一周。包ヶ浦自然公園方面へ進み、大砂利まではアップダウンの有る一般道を進み、施錠してあるゲートを越えて青海苔浦までは水道施設管理車道を進みました。ここまでが15kmのロードラン。アップダウンは有りますが、約2時間の道のりです。
 ここからは「宮島西部浦々めぐりの道」へ、トレイルの始まりです。海のすぐ側を通って行くトレイル。しっかりと整備されていて走りやすい部分が多いですし、登りもそこまでキツくありません。何より地面がフカフカで気持ちが良い、こんなにフカフカな地面は初めてでした。ビブラムで行ったのですが、全く問題なく最後まで走り切ることが出来ました。

 赤テープもしっかりと付けてあるのですが、たまに見失って海岸へ出てしまいます。再び赤テープを探してトレイルへ。この「宮島西部浦々めぐりの道」が整備される前は、宮島一周をしようとすると干潮の時に海岸の岩場を通るしか無かったようです。このトレイルだと潮位を気にせず進めるので気持ちが楽ですね。
 北側に出ると牡蠣筏なども沢山見ながら走って行きます。6人で走っていたのですが、最後の方はみんなの水分も無くなってきたので、みんなにはユックリ進んで貰い、籔は先に進んで自動販売機で水分を買って戻ることに。「宮島自然植物実験所」やその先にも自動販売機が無くて、結局は宮島水族館まで出てからペットボトル6本を買って戻りました。
 一人になってからはトレイルもロードもそれなりのペースで走りましたし、背中にペットボトル満載で走って良いトレーニングになりました。
 それなりに早く一周できるだろうと思っていたのですが、フェリー乗り場に到着するともう19時頃になっていました。ちょうど日没の大鳥居を見ることが出来ましたが、喉も渇いてお腹も空いて大変でした。
 先週出場した「アイアンマン70.3セントレア知多半島ジャパン」のリカバリィランのつもりでしたが、全くリカバリィにならず筋肉痛です。Garmin「Fenix」の電池が途中で無くなってしまい、GPSデータを取ることが出来なかったのが残念。EPSONだと31km程度とのこと。ロードも含めてこのペースだとちょっと遅いですし、体感的にはもう少し距離がありそうな気もします。また気が乗った時に電池を万全にして走ってみたいと思います。
 最後は「天然温泉 宮浜 べにまんさくの湯」で汗を流してスッキリ。遅くまでやっているので便利な温泉、アイシングも出来ましたし早い内にしっかりストレッチもしておきました。

未分類カテゴリの最新記事