Second course exploring
 昨日は笠戸島へ2度目のトレイル調査へ行きました。メンバーが入れ替わったりもしましたが、総勢14人でトレイルの調査。行き止まっては戻るというトレイル調査を一緒にして頂いて、とても助かりましたし、人数が増えると走り難そうな場所なども確認出来て良かったです。
 前回の調査では寄らなかった、スカイ1号の途中にある「天狗岩」にも寄り道。ここは笠戸島で最も展望が良いのでは無いでしょうか、東方面に開けており、南方面を見ると白浜海岸まで見る事が出来ました。

 また、海も透明感があり、緑色でとても綺麗。思わず調査途中なのに泳いでしまいました。もうお盆も過ぎたのにクラゲも全くいませんでしたし、暑かったので海水浴には最高です。少しサイズを大きくしたmontrail「Bajada(GM2138)」も初めて試したのですが、走っていても良い感触。水に入ってもすぐに乾きますし、「Ultra Pirineu」はこれで走り始めようと思います。

 何カ所か薮を漕ぐヶ所もあったのですが、細長い植物がウェアに刺さり、これが痛痒い。更になかなかウェアから取り除く事が出来ずに大変でした。
 ロードに出るとあまりに暑かったので、民家の湧き水を頂いたりして、何とか今回の調査終了。後一度調査に入れば、恐らくコース調査はほぼ終了する予定。一周36kmの笠戸島に30km程度のコースが作れるので、とてもトレイルランニングに適した島です。
 夜はK氏宅にお邪魔し、夕食をご馳走になりました。流石は美食家だけあり、作るのも上手。走って熱を持っている身体でもスッキリと食べられる物を作って頂き、とても美味しく頂けました。そろそろ何か美味しい物を食べに行きたいなと思っていたのですが、満たされた感じです。

くだまつ笠戸島アイランドトレイル運営カテゴリの最新記事