Drop out at Aguilo

 昨日は「Ultra Pirineu 2015」に出場してきました。結果は61km地点にあるAguiloへ向かう途中で、謎の関門に引っ掛かってしまい、スペイン語しか話せないスタッフでしたので、何のやりとりも出来ずに終わってしまいました。エイドステーションでの関門には間に合う時間でしたし、足も回復してきていたので残念です。
 コースはとてもテクニカルでキツイですし、寒くなったり暑くなったりと、環境への対応も大変。流石はスカイランのレースだなと感じました。また、出場者の大部分を占めるスペイン人は親切でフレンドリーな人が多く、とても楽しく話しながら走ることができました。少し遠いですし、関門時間や装備にはとても厳しいレースですが、オススメのレースになりました。
 関門ギリギリでの感想を狙っていて60km迄しか走れていないので、体は元気ですし、特にトラブルは無し。次のレースからは関門時間にも注意を払ってエントリィしようと思います。