くだまつ笠戸島アイランドトレイル試走会2回目

くだまつ笠戸島アイランドトレイル試走会2回目

 今日は「くだまつ笠戸島アイランドトレイル」の大会まで、最後の試走会をしました。寒くて最後は雨も降り出すという天気にもかかわらず、23人の方に参加して頂き、賑やかに走ることが出来ました。途中で40名近い団体ハイカーさんにも出会いましたし、今日は笠戸島の登山人口が多かっただろうなと思います。

 中間地点で大会事務局の方が私設エイドを開いて下さり、暖かい珈琲を頂くことが出来ました。寒かったので暖かいものは大変ありがたかったです。本番も趣向を凝らした温かいスープがエイドに用意される予定、籔が飲みに行きたいくらいなのですが、飲みに行ったら怒られるのでしょうね。

 冬になり整備して頂いた箇所が増えたからか、葉が落ちて見通しが良くなったからか、少し迷いそうな所も増えていましたし、実際に少し距離の開いた後続がミスコースしてしまいました。笠戸島は今回の大会で使用するコース意外にもたくさんのトレイルが有るので、選手がロストしないようにしっかり対策しておかなければなりません。
 ちょうど人出が有ったので、手伝って貰って少しだけルート整備。トレイルランナーだらけだと、イメージの共有が早いです。応急処置ですが、シューズが汚れなくなりました。

 そろそろ名物となりそうなラスボスの「スカイ1号」も軽々と越えて、想定通りの時間で皆さんゴール。大会まで残り4週間、エントリィの締め切りまで3日となり、なんだか緊張してきました。日程的にももう試走会は出来そうに無いのですが、来年のルート調査にまた入ろうかなと思っています。

 ゴールした後は「笠戸島ハイツ」でお風呂に入って、下松駅前の「紅蘭」で牛骨ラーメンを食べるというゴールデンコースへ皆さんをご案内。年末・年始に来た時は閉まっていて食べられなかったので、今日こそはと、営業時間に間に合うようにかなり走るペースを上げたのは内緒です。実は下りでスキーと同じ様な落ちる感覚を感じることが出来、自分のとても良い練習になりました。

くだまつ笠戸島アイランドトレイル運営カテゴリの最新記事