掛川出張

 昨日・今日と静岡の掛川へ出張していました。目的は資生堂の工場と企業資料館、地元のお店さんの見学。工場見学はしたことが無かったので、製造工程もとても興味深く見させて頂きました。そして、100年以上前の資料が残っているのは流石です、残そうという意思が初めから有ったのでしょうね。
P5185292.JPG

 泊まったのは掛川駅の近くだったのですが、17km南下すれば太平洋に出ることが出来たので、日の出と共にホテルを出発して走ってきました。流石はお茶所の静岡なので、茶畑がそこかしこに。一般家庭にも少しだけお茶が植えてあったりと、山口では見られない景色でした。
RIMG1752.JPG
 太平洋まで出て泳ぐことが目的だったのですが、地図を見ていると「南遠大砂丘」という魅惑的な名前の場所が有ったので、せっかくならここへ行ってみることに。鳥取砂丘のイメージとは全く違ったのですが、ずっと砂浜が続いていますし、風力発電機が並んでいるので、良い景色です。瀬戸内海とは違って波もあったので、波に流されながら気持ちよく泳ぎました。
RIMG1765.JPG
 ちょっと海で遊びすぎたのか、帰りは走り始めた時から脚が重い。気温も14℃から一気に24℃まで上がりましたし、コンビニでカップのロックアイスを買い、溶けた水で身体を冷やしながらフラフラと帰ってきました。途中でGPSウォッチの電池も切れてしまいましたし、帰りは完全に遠足でした。
RIMG1766.JPG

 移動途中に「蓬莱橋」という、全長897mの木造歩道橋へ寄り道。「世界一の長さを誇る木造歩道橋」との事です。手すりが低いので眺めが良いですし、爽やかな風が抜けて気持ちの良い場所でした。
P5195323.JPG

 今回は電車で移動したのですが、柳井から掛川まで片道5時間。帰りは山陽本線に乗っていると、同じ車両に乗っていた方が気分が悪くなって倒れたらしく、初めてSOSボタンが押される場面に遭遇しました。ちょうど夕方の帰宅時間で混んでいたので、それは気持ち悪くなるなという感じ。とても迅速な対処で、すぐに運行は再開されました。
P5185301.JPG

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。